2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <2/14・15>

読了までの目安時間:約 2分

 


土曜の京都は、最近の不穏な空模様を反映したような競馬。
1Rから1番人気3連勝で迎えたダート1400の新馬戦は、突如人気馬総崩れの展開で、2着馬と上がり3Fで2秒近く上回る豪脚を見せたハトマークエースが、ゴール前で前を捉えきった。平坦向きのパイロ産駒。人気馬の不発も手伝った格好だ。

東京の芝のマイル戦からは、この時期よく出現する遅れてきた大物が登場。報道陣がひっきりなしに押しかけている大竹厩舎の秘蔵っ子・グレーターロンドンが、単勝1.3倍の支持に応え、楽勝した。ディープインパクト×ロンドンブリッジ。ビックプラネットと似たようなローテが想定されるが、器の大きさはダイワエルシエーロ以上か。真っ直ぐ走らせたい。

日曜の東京はダート戦が2つ。
1400はヒラボクカイザー、1600ではサンジャクソンがそれぞれ初陣を勝利で飾った。
どうにも、人気馬の鞍上が積極的ではなかったように映ったが、2月の新馬戦に焦りは禁物である。次戦に期待したい。
小倉は芝1200M戦。スピード能力というよりは、スタートのダッシュ力とセンスで押し切った印象のヴィクタープライムが快勝した。マイネルラヴの仔。断然人気馬とタイキシャトル産駒はいたにはいたのだが…。

京都芝1800には、期待馬の走りに注目が集まった。季節柄、白銀の世界をすぐ想像してしまうような名前のレゲンデが、有馬記念の時の姉とまるでそっくりの競馬で、大勢の支持に応えた。
2頭の姉はGⅠ戦線でも活躍したが、すぐ上の兄2頭は中央で走ることができなかった。
血の力を感じる内容だったが、ダービー以降の中距離戦に照準を合わせていけば、重賞は楽に勝てる器だろう。姉は、血統の割には持続・晩成の傾向だった。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方