2015阪急杯回顧

JUST競馬予想ブログ

阪急杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

騎手が馬にどういう指示を与えようとも、その馬自身のやる気が最後まで続かない限りは、絶対勝負にならない厳しい馬場状態での競馬となった。

しかし、GⅠ馬4頭はそれぞれ自分のやれることをやって、前哨戦らしい格好のつく競馬ができたように思う。
唯一、この馬場なら前に行きたいというのが本音だったはずのコパノリチャードは、休み明けの二ホンピロアンバーが繰り出したミラクルハイパースタートで、完全に阪神Cの時と同じ戦法を、消極的ながらも選択せざるを得なくなってしまった。
昨年の高松宮記念もこの倍以上は雨が降ってドタドタ馬場の中をぶっ千切ったのだが、これは自分の形ではないだろう。仕方ない。

その阪神Cでの反省を、明らかに危ない戦法でありながら、それこそコパノリチャードが前回やったような好抜け出しで、これまた差し切られての2着としたのがミッキーアイルだ。
諸説色々あるこの馬のベストポジションであり、ベストフィールドについて、今回この結果が出たことで、明らかにスピード型で、距離短縮であれば、無理に下げない限りこういった競馬に向いていることが証明されたように思う。
キャリアをある程度重ねた馬のこと。ある意味では不良の安田記念を走った経験が、この日活きたという側面もあるが、やはり不器用な短距離型で、1400ベストの可能性が出てきた。陣営の狙い通りであろう。

ローブティサージュ、サドンストームは、一緒くたにするべきではないだろうが、きっとこういう馬場への適性があったのだろう。調子も考慮すれば、本番でも怖い。

さて、それらをまとめて捉えたダイワマッジョーレと新人・ミルコだが、これは馬を褒めなければいけないだろう。
初重賞制覇も渋った馬場の京王杯SC。血筋の中に、この手の馬場を苦にする性質は一切感じさせないバックボーンはあったが、にしても、450kgにも満たない体を目一杯使って豪脚を披露したのには、正直驚いた。
知ってたものとは違うという意味ではなく、ここまで調子が戻っていたのか?という意味だ。

5歳シーズンはまるで振るわなかったマッジョーレが、4歳時の本当の自分を取り戻した。
2年前の春に感じた、これはすぐにGⅠも獲れるはずという確信。結果、一戦早かった気もするが、体のケアを施せば、何も不安なく中京に行ける。
ダノンシャークも苦しいところから渋とく伸びてきていた。怪しい先行馬よりは…、というのが高松宮記念に向けた見立てである。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方