2015弥生賞回顧

JUST競馬予想ブログ

弥生賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

パドック気配は対照的だったシャイングレイ(1番人気)とサトノクラウン(2番人気)が、轡を並べて仲良くゴールシーンは、ある意味みんなが予期していたように、実現することはなかった。
春の中山らしいタフな馬場コンディションだったが、日本の競馬には変わりない。稍重で2分1秒8。色々な意味で、歴史的レースだったと言える。

勝ったからミソをつけるわけではないが、楽勝のサトノクラウンは、ちょっとうまく行き過ぎた感じも受ける。
前半を61秒台で走って、終いを60秒そこそこで走ることは、テンに行く馬ではないけれど、マイルからこれくらいの距離の底力勝負に向きそうな血統背景から、明らかに歓迎の展開だったと言える。

揉まれた経験が、前日のチューリップ賞同様に人気馬の勝負を分かつ要素にはなったが、この日の稍重馬場は、かつてここを道悪で勝って大成したロジユニヴァースやヴィクトワールピサと同じマキャヴェリアンの血が入っていたこともあって、それも明らかにプラス要素だった。

4角では、外の馬にやや迷惑をかけてしまったし、鞍上がどうなるかも不確定要素。
ただし、それはどうやらハイレベルのクラシックになりそうな予感があるから、弱点を見ているだけで、結果を見れば一目瞭然。
ほぼ間違いなく、GⅠを勝てることは保障された一戦というのが、衆目の一致するところだろう。できれば、夏の欧州遠征を…。皐月賞を勝ってからの話である。

ブライトエンブレムは、その4角の振られる小さな不利があったとはいえ、戦法が一貫しているから、返ってこういう闘志に火がつくような出来事は、プラスに働いたかもしれない。
馬場適性は、恐らく世代屈指だったろうが、高速決着でなければ、勝ち馬を逆転することは不可能ではないはず。
まあ、先行策はとれそうにないから、鞍上は捲り方の研究をするだろう。渋馬場のダービーなら、もしかすると…。

あとは、ちょっと力差があった。
距離適性、馬場適性、臨戦過程を含め、皐月賞での上位2頭の逆転は難しいか。
3着のタガノエスプレッソは、相手なりに走るブラックタイド産駒の穴馬だが、弟の息仔・シャイニングレイは、馬体の印象に反して、パドックから舌をこしたり、馬場入場時、己がラチに頭をぶつけてやや興奮して、川田騎手を振り落したり、気持ちのコントロールが母みたいに難しい部分が出てしまった。

古馬になって逃げるしかなくなったシェルズレイのマイナス面は、走る気性の裏返しだから、それを人間が受け入れるしかない。
正面スタンド通過時点で、外からコメートに寄せられ、そこから掛かってしまったから、もうアウトだと思った。でも、揉まれて惨敗するなんて、この狂気の血を引く才能の場合は、日常茶飯事だろうから、我々も気にしない方がいいだろう。
勝ち馬とは対照的。いい面も悪い面も、若駒にはあるのが普通なのだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方