2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <3/14・15>

読了までの目安時間:約 2分

 

いよいよ本格的に未勝利戦へ戦績欄が真っ白な馬が参戦し出した。
新馬戦は、土曜のダート1800戦2鞍のみ。芝の未勝利組も拾っていきたい。

雨上がりの阪神では、前半は芝、ダートとも稍重で競馬が行われた。
新馬戦は、1番人気ネオヴァシュランの逃げ切り勝ち。3勝馬キャニオンバレーの下で、こちらはエンパイアメーカー産駒。同じ産駒で同じく牝馬の方に重い印を打っていたが、そちらは除外されてしまった…。
中山の新馬は、センチュリオンの圧勝。今週も軽く勝ち上がったキングカメハメハの男馬。母は芝3勝のハンドレットスコアだが、近親はダート活躍馬ばかり。母母父サンデーの影響は、もっと上のクラスの底力勝負で出て来るか。

さて、土曜日の芝中距離の未勝利戦は、みんなハーツクライと縁のある馬が勝っていた。
中京2200は、その産駒のラウレアブルームが惜敗続きに終止符を打ち、1番人気に応えた。これは即500万の有力馬。
で、中山、阪神でもハーツクライ一族が勝ち上がった。
阪神1800は前記の通りの渋残りの馬場を、ハーツの姪ナムラアンが、早々に抜け出し後続を封じた。この日好調だったエンパイアメーカーの牝馬。上がりも一番だから、距離延長のオープンでは怖い存在。

ハーツクライとは3代母が共通のレッドライジェルは、中山1800でマティリアル的追い込みを決めた。ディープ産駒。
こちらはモタモタも込みでじっくり育てたいタイプだろうが、ダービートライアルで穴をあけても不思議じゃない好素材。2着馬が、クラシック路線のキーマンと数多く対戦していたので、その点は推し材料だろう。期待度30%としておく。
日曜は、ヴァーミリアンの初期の出世馬になれそうなシャンデリアハウスに注目。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方