2015 スプリングS他3歳重賞・回顧

JUST競馬予想ブログ

スプリングS -3歳重賞・回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

時系列順で、ファルコンSが一番最初に行われたのだが、これがまた絶妙なポジショニングのアクティブミノルとそれを追走したタガノアザガルとの、実に際どい勝負となった。
正直、ここでの勝ち負けが大事なレースにも思えない難しい競馬だったが、タガノアザガルはハマると絶対潰れない馬なので、忘れた事に狙いたい。1400は合うが、次どこで来るかはわからない。

若葉Sは、必ずしも力勝負にならないレースだが、メイショウサムソン産駒でダンスパートナーの一族の良血馬・レッドソロモンだけが、シュタルケマジックで走ってくれたような展開に。
賞金微妙の人気馬にとっては悪夢のような出来事。破壊力不足といい意味でのグレイジーさも足らないから、コースが合わなかったのかもしれない。

フラワーCのアルビアーノは、アメリカのクラシックに出てそうな配合の馬なので、本質的に馬場が向くかどうか気にはなっていたのだが、程々に体を絞ったことで、持続力が出たのか、今回も快勝。中山なら1800もというのは、昔の(外)とも共通しているが、桜花賞でもマイルCでも怖いことには違いない。レース間隔を考えたい-12kgかどうかは、登録レースで判然とする。この馬の先行残りだけは、信頼に足るところがある。

で、スプリングSなのだが、前走圧勝の勢いそのままに、キタサンブラックの臨戦過程に余力があった分の差が、気持ちでは楽な人気馬の積極性のないトライアル的姿勢とマッチしたことで、きっちり頭一つ残す結果に繋がったように映った。
ある意味、ダークホースはこの馬という見立てがオッズに現れていたが、かつてここで負けたダイワメジャーくらいのスケール感があればいいのになあ、と密かに注視していていたものの、どうも常識的な範疇の中距離馬のようである。牝系に距離延長に耐えうる血筋は見当たらない。

ディープ2騎は、ダノンプラチナが折り合い専念の位置取り、リアルスティールは差しを試すことより、意外とダノンがいい位置をとっていたことで、どうも追い出しが遅れた印象がある。
本番がこの馬場なら着順通り、高速化ならあっさり逆転だろう。ただ、お互いパワーが足らないかもしれない。
そのパワーでベルーフの逆転も想定されていたが、やっぱり器用ではなかった。難儀な男に育っていくのだろうが…。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方