2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <3/21・22>

読了までの目安時間:約 2分

 

今週もダート1800戦のみで、現3歳世代の新馬戦はこれで終幕となった。

阪神の重馬場で行われた土曜日のレースは、岩田・福永・和田という、騎手買いすれば簡単に取れそうな組み合わせで決着。
アンブライドルドの孫とひ孫の叩き合いを、エンパイアメーカーの仔(孫の方)エルメネジルドが制した。
この馬はゼンノロブロイとは従兄弟の関係で、案外奥行きがあるかもしれない。
ひ孫のエイシンハリケーンは、単調そうな血統構成で、競り合いは不得手だろう。

日曜の中山も渋残り。
稍重馬場での一戦は、逃げた人気のジャイロスコープを追いかけたピアシングステアが競り落とすという前日のパターンを踏襲するかのような結果となった。
パイロ産駒が抜けた人気というのは怪しかったが、来るときはいつも超人気薄のバトルプランの出番といえばそうか。
勝ち馬は、シルの系統でマルゼンスキーの一族。ミスプロ系が3種入り込んでいて、ノーザンダンサーのクロスも薄く入っているから、狙いを持った配合と言える。
どんな道が待っているか想像できない部分もあるが、日本でもこういう馬は今後増えていくだろう。

今週は、未勝利組で特別目ぼしい存在はいなかった。圧勝馬の殆んどが、前走は完敗だったから、即昇級戦で買いとかいかない。
強いて挙げるなら、日曜中山の2000を楽勝したウイングレットの牡駒・ウイングチップか。
今シーズンは、ルージュバックと2歳王者2頭は2戦目以降の競馬内容で正当に能力評価できたが、サトノクラウンとリアルスティールだけは、どうやっても能力を見抜けなかった。
生涯修行の身。競馬道は厳しい。
 
参考:競馬必勝法各論
 



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方