2015皐月賞回顧

JUST競馬予想ブログ

皐月賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

狂暴である。ミルコは時に、やや粗暴な乗り方で物議を醸すことはあるが、今日は馬の意思が全ての進路を決めたという4角からの一連のパフォーマンスだった。
横山典弘ペースにスローという概念はないから、スピリッツミノルではない馬が行けば、相応の流れになることは予想されていた。それが大きく彼らに味方したことは間違いはない。

1年生ジョッキーへの癖馬のエスコート権授与は、無理難題を突き付けられたようにも窺えたが、人気馬というのは、ある意味で期待を裏切らない。
裏切ったのもまたある意味両方であり、予測された通りのズッコケスタート。
「俺の競馬じゃない」

サトノクラウンとC.ルメールは、ある意味それを受け入れることで、危機管理の一つを発動する機会と冷静に捉えるのだが、今回はそれでは対応しきれない展開になってしまった。
何せ、危ない男同士がコンビを組んで、あり得ないことをしそうな3角からのイン進出に挑戦したからだ。
受け入れた者とそうじゃない者。
展開上のセオリー無視の奇策と競馬の定説たるロスなく回る常識的作戦の混在。

その選択は、競馬学校を卒業して、浮き沈みの大きかった兄ちゃん時代を経た福永祐一には、理解しがたい敗戦へと繋がった。
「あり得ない」
今度こその皐月賞制覇に、レース中で現実的な勝機を見出せたことは、これが初めてだったと思う。前を追いかけて負けたことも、叩き合いに敗れたこともあったが、今回は違う。勝ったのに負けた。それも完敗。
そんなはずがない。

4角で外に吹っ飛ばされたサトノクラウン同様、ドゥラメンテに本気を出されたリアルスティールのプライドは、今度の敗戦では少し傷ついてしまったかもしれない。
人間が傷つく分には、他の舞台での面目躍如のチャンスはあるけれど、馬にはその馬の道しかない。

でも、何となくこんな結末になることは読めていた。
印が少なくとも回りそうな馬が、次々回避する19頭のみの登録だった皐月賞競走。
直線、ミルコが目一杯追っていたのは事実だが、馬はそれ以上に走る気になって、水を得た魚のように怒りを込めた勇ましいギャロップを皆に見せつけるのであった。
スイッチの入った怪物の出現により、この皐月賞は、我々を魔界へと誘うその待合室へと変化した。

良くも悪くも変貌する危険な男の未来は、もう誰にも想像できなくなってしまった。
カメハメハ×サンデーのハイパー良血馬の行く末に、三冠ロードは眼中にない可能性も考えねばならない。強すぎるが故に。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方