血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

上半期GⅠ前半回顧

読了までの目安時間:約 2分

 


今シーズンも中央重賞未勝利馬の流れは続いた。

日本競馬初参戦のエアロヴェロシティのビッグウインと、前走で高い支持を受けていた重賞未勝利馬によるクラシック制覇。
連覇達成とはいえ、その他の中央重賞出走がフェブラリーSの前走の東海Sが初めてだったコパノリッキーは、昨年地方を中心に活躍した馬。

そんな不思議な流れがずっとと続いてきたが、約1年前仁川のGⅠでタイトルを死守したテレンコ王者が、その勢いを制し、久々に淀の大舞台で咆哮した。いや、鞍上の方が、よっぽど興奮していたか。

コパノリッキーとエアロヴェロシティは、普通の馬よりは前に行くタイプだが、恐らく一番悪い形での勝利だったのではないだろうか。前者は出遅れ、後者は馬場の悪い内目を通らされる形で、しかし、ゴール前では僅差ながらも、しっかり先頭に立っていた。

軽い競馬ではなく、重要なレースにおいて先行力を武器にする馬の強みは、500kg超の体躯なくして、何も語れない。王者らしい逆転劇だった。

牡牝クラシック初戦であっと言わせたのが、鞍上がお祭り男の当初の第3の候補であった。
レースを壊したのが後ろにいた組という、万が一のそれとなった桜花賞の覇者は、ずっと勝ちあぐねていたレッツゴードンキ。
今にして思えば、という人気の盲点となった立場は、ある意味では、皐月賞劇勝のドゥラメンテと同じく、キングカメハメハ産駒が奮起しやすい条件であったのかもしれない。父もそうだった。

破壊の伝道師・ゴールドシップは、ドゥラメンテに語りかける。
「ライバルはそばに置くものだろ?」
キズナはライバルではないと言いたげなかの日によく見たロングスパートに、逆転という新たな流れが形成された感じがした。
実力者による勝利の連続。面白くなってきた。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を掲載しました。
(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方