2015ヴィクトリアマイル回顧

JUST競馬予想ブログ

ヴィクトリアマイル -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

彼女にとっては他流試合のはずだったのだが…。

久々に東京のGⅠで猛烈なハイペースを目撃したのだが、いやはや。高松宮記念1番人気馬である。
パドックでオッズと実績があまりに伴っていないことが、これまた久々の大波乱の決着の呼び水となったのか。
昨年の3着馬にして、前記の通り日本競馬を代表するステークスウイナーの激走。ストレイトガールが勝ったことに異論は出ない。前日からの重賞連勝の戸崎騎手にしても然り。
これで、オークスで背負うものが少し増えそうだが。

さてさて。想定よりは、時計にして半分速くなった程度とはいえ、あのアパパネとブエナビスタが至極の名勝負を演じた時に発生した大レコードとタイとなる1:31.9での決着には、かなりの驚き、まさにぶったまげの印象しかない。
2000万馬券のことはさておき、さすが江田照男である。
ミナレットの良さを極限まで引き出し、負けても一番納得のいく競馬をやりきった。
大外枠というのは、こと府中のビッグタイトルでは、ドラマを生む魔法がかかった馬がよく走る。次はまた何年後にあるのか。
ここまでは納得のできる部分はある。

ただ、ケイアイエレガントがその後ろから追いかけて、ヌーヴォレコルトとほとんど同じ好位にいたストレイトガールが抜け出してくる、ほとんど先行押し切りの構図は、正直直線に入ってまだ馬券を売られていても、当たる気がまるでしない。

直線中ごろでは、流石にミナレットは捕まるとみんなが認識していたが、それさえも3着に粘り込んだ。いや、追い詰めてきた組と脚色が同じになっただけである。
セオリーでは抑えて、じっくり前がバテてから…、ではあるが、百戦錬磨の吉田豊である。ケイアイエレガントは、かつて府中の高速馬場時にレコード時計で駆けたホーリックスやアイネスフウジン、負けてはしまったがダイワスカーレットのように、自分の力で時計を削って、最も底力を出し切る格好で皆が自分のリズムで走れない展開を作っていったのだ。

惜しいけど、こういう時に純粋に速い馬が追いかけてくると、前記の中距離戦ではなくマイル戦なので、負けてしまうこともある。
前年と同じく先行馬と差し馬の決着。今年は中身一変で、ヌーヴォレコルトよりスピード勝負でより力を発揮できる馬がチャンスをモノのした。
でも、差し馬には決め手が必要だったことに変わりないので、ヌ―ヴォの一番苦手なレースではある。その辺り、何とも評価しづらい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方