2015牝馬クラシック

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

牝馬クラシック・春総括

読了までの目安時間:約 2分

 

レッツゴードンキとミッキークイーンは、重賞では惜しいところが続いていた。
阪神1600M。うら若き乙女には、永遠の時間と言えるような価値ある経験なのに、重要な場面でゴール前強襲と除外によって、一度は神に見放されていたのだが…。

今度こその執念は、関東馬が押しに押していた戦前の流れをガラリと変えてしまった。
強い馬がGⅠを必ず勝てるとは限らないのだが、関東馬のヒロイン候補には、関西馬が普段から関東へ遠征を頻繁に行っていることでもたらされる陣営の蓄財という部分で、やや不利な面があったように思う。
勝ちそびれていた馬が勝てたことの意味は大きい。いつも勝っている側の強みは、結果に影響を及ぼしたとも考えられる。
それが大きな差として現れた。

春に唯一健闘した関東馬のルージュバックは、評価が二転三転するようなこともあったが、現状の風向きは、少なくともベルーフらを完封した秋の東京当時の評価には戻っていると言える。
クラリティスカイがまさにそうだったが、当時のパフォーマンスを、少なからず春に見せられたなら、結果も自ずとついてくる。

彼女の評価が固定されたなら、それに先着した組もまたハイレベルだ。
ルージュの秋の展望については、流石には凱旋門…などと大口を叩けなくなってしまったが、例えば、藤沢厩舎の期待の牝馬は、スティンガーならダンスインザムードやら、オウケンサクラまで含め、秋の天皇賞には相応の適性を見せた馬が多いので、参戦の価値はある。

少しリーグ戦ムードが漂う古馬戦線の潮目を変える意味でも、その後まで展望する上では、早めの古馬対戦は無駄にはならないだろう。
調子に自信があるのなら、京都で2つ使うだけでは勿体ない印象が、オークスの内容からは見て取れた。

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方