2015牡馬クラシック

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック・春総括

読了までの目安時間:約 2分

 

怪我をしなければ、体つきがもっと大人びてきたら、走ることにしっかりと集中できるようになったなら…。
未来予想図が眩いばかりに光輝くドゥラメンテが、完全に抜け出てしまった春。

それとは対照的だったサトノクラウン、ダノンプラチナ、シャイニングレイ。ブラックエンブレムやアッシュゴールド、他ではミュゼスルタンにアヴニールマルシェ等々、皆がみな強烈な武器があったわけじゃないが、当時の人気に対して、ダービー出走が2頭というのは大分寂しい。
クラリティスカイやコメートなどは巻き返してきたものの、望外の大健闘であり、やはり春にピークを持ってこれなかった馬が多すぎた。

フレッシュな組のリアルスティールやサトノラーゼンが、ディープインパクトのメンツを保ったが、評価よりは頑張った印象を残せた半面、勝ち馬の強烈さに呑み込まれた当事者として、真っ先に名の上がる存在に。
ルージュバックに負けた男馬連中も、今未完の女王に甘んじる彼女に負けてしまったわけで…。彼らも同じ運命を辿っていくのか。

本筋ではないだろうが、横山典弘にペースを握らせてしまった時点で、ドゥラメンテ有利になったことは、恐らく誰もが認めるところ。
「レースを盛り上げなければ」

期せずして先行タイプの手綱を、違う馬ながらそれぞれ託される立場になって、スピリッツミノル陣営はさぞ不満であろうが、この精緻な体内時計を持つ男がそんな状況でクラシックに参戦したのだから、むしろ他陣営に意欲が足らなかった印象の方が強い。
彼のイージーライドに繋がった要因は、ちょっと色気が強すぎて大半が消極的になってしまったせいだ。
片方だけならは勝てた気もする。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方