2015エプソムC回顧

JUST競馬予想ブログ

エプソムC -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


恐らく、サトノアラジンの敗因はいつもより前に構えたことではなくて、叩き合いに持ち込んでしまったことだろう。
奇しくも、ではなく、最近の良血のトレンドであるディープ×ストームキャットの配合が共通する真逆の脚質の馬が、4角でさして差のないところにいるということは、どちらかが競馬の形を変えないといけなくなったということを意味する。

ルメール騎手は、勝ったと思ったはずだ。粘る相手を最後は瞬発力で制することはできると…。
しかし、相手を意識したところがよくなかった部分はある。

ひとつは、間違いなく正しいと思う戦法が正しいとは限らない馬がいるということ。
サトノアラジンの決め手は、自分がうまく引き出してあげられたから自信は持っていたのだろうが、そういう意識が普通の競馬をさせた時の敗因になりやすい。
叩き合って力を発揮するわけでも、前を見て絶対に負かそうと一生懸命に走るわけでもないこの個性は、明らかに姉だけが異質なわあけであって、日本のストームキャットの入った馬の特徴そのものである。
淡白さは相変わらず。まだ、力勝負では物足りなかっただけだろう。

もうひとつが、対武豊。
意識するなというのは土台無理な対戦構図だったから、それは仕方ない。
でも、この日のエイシンヒカリを駆る武豊騎手は、わかっていることすべてを受け入れつつ、その先にあるものを引き出してあげようと、新たな魅力を引き出すことに見事成功させた、完璧なエスコートだったように見える。
少なからず相手に合わせた人馬の方が、完全に自分のペースに持ち込んだ人馬に完封される。これは、直線でもう勝負ありだったということである。

信じるものが違うから、直線のガソリン計算もまるで違う。
エイシンヒカリの走りは、今回もっと行ける分を前回行った分だけ控えて、直線でバランスを崩さないように、正しい逃げ馬のラップを刻むことに終始していた。
直線で外にモタれることも想定し、敢えて外に張っていくようにサトノアラジン通れるコースを開けてあげた。
スズカラップより、よく見る中距離の先行型らしい走りを完成させることに成功したエイシンヒカリは、鞍上のそんな気遣いを大事にしないといけない。

共同通信杯でイスラボニータに完敗したあの日から、ずっとこの距離で光を一身に浴びることを願っていたサトノアラジンにとって、またしても同期生に、それも自分が力をつけてきたのに敗れてしまった結果。
歯を食いしばれた者だけが生き残る世界で、課題がまだあることにホッとしてもいい時期なのではあるが…。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を掲載しました。
(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方