2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <7/4・5>

読了までの目安時間:約 3分

 

夏競馬では、いい馬は勝手に輝きを放って、ファンの目に必ず留まる走りを見せてくれる。
土曜、道悪中京の芝1400戦では、シュウジが楽勝し、輝きを放った。
キンシャサ産駒は、明らかに初年度より仕上がりの早い馬が増えた。シュウジは日本のチャンピオン血統に裏支えされた配合だから、有望株だろう。

良の福島でも、1200M戦楽勝のラッキーボックスが登場したが、さすがに一枚落ちか。
ディープスカイの中型牝馬で、母系は存外重厚だから、気性に左右されるタイプかも。
珍しく差しが決まったダートの方は、レディエントブルーが接戦を制した。混戦ムードでも、9倍程度のバトルプランは押さえにくい。

函館芝1000Mでは、ビリーヴの姪・レディトリスがいい勝ち方をしていたから、何故か牝馬にお手馬の多い柴山騎手込みで注目。

雨の中京は日曜日も変わらず。
馬場は重。人気馬出遅れの波乱から、きっちり巻き返した1着ロスカボス<マンハッタンカフェの甥>と2着アストラエンブレム<母ブラックエンブレム>の能力は、現状世代のトップクラスだろう。とにかく、マイルでは短いという印象だった。馬場は関係ないはず。
もうひとつの1400牝馬戦は、Mr.中京記念・フラガラッハの半妹のエスティタートが、タイトな競馬を制し、人気に応えた。ドリジャニは、案外器用だ。

良の福島も2戦。出負けの1番人気とまっすぐ走らない2番人気の対決は、61秒台の淀みない流れから、4角膨れながらも楽勝の態勢に持ち込んだ2人・シャクンタラーの迫力が際立つ結果に。
ミュゼリバイアサンはヨーロピアン配合で、巻き返すので精一杯だった。
1200戦は、フルオブスターズのゴール前強襲。近親がリーチザクラウンのエンパイアメーカー産駒で、難儀な馬になるか。

函館1200は、ダイワメジャー産駒に柴山&牝馬という買い要素満載のヒルダが人気に応えた。先頭が何度も変わる不思議なレースを経験が、今後活きるか。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方