2015プロキオンS回顧

JUST競馬予想ブログ

プロキオンS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

コーリンベリーは逃げられたが、サマリーズがびっしりマークしていったというより、お互いにオーバーペースにならないようにレースをコントロールしにかかったから、それはそれはレッドアルヴィスのような、正攻法で揉まれることなく、単走で強さを見せつける展開が合う馬には厳しい展開となった。
淡々とした重賞らしい展開といったところか。
内枠を引いたベストウォーリアは、もともとエンジンの掛かりがスムーズなタイプだけに、丁寧に乗ってくれる福永騎手向きの展開にもなった。

3着最後の最後に上位争いに食い込んできたキョウワダッフィーとともに、今年も台頭してきたということは、去年とあまり変わり映えのない競馬だったということになる。
コーリンベリーにしても、自分らしさを出して完敗の昨年を経て、今年も出てきたわけだから、ちょっと盛り上げ役の力不足の方が目立ってしまった形だ。

時計そのものは昨年とほとんど同じ1:22.5。ただ、昨年よりは先行馬の質が上がったから、遅い流れではなかったけれど、間違いなく差しにくい競馬になってしまった。
エアハリファやワイドバッハは、当然フェブラリーSを使っていた、使おうとした組だから、この時期絶好調というのは考えにくい。
それにしたって、掲示板に載れていないのでは、どうにもならない。

斤量差は、お互い重斤量同士とはいえ、勝ち馬とは2つの差があったこの2頭。
上がり3Fでベストウォーリアと0.3秒の差しか詰められていないということは、展開もそうだが、必ずしも物凄い脚を使える馬とは言えないのだ。ここで持ち味を出し切れなくても、勝ち馬と4馬身の差がついてしまっては、次が展望できない。
持ち回り制という概念はダート界にはあまり適応されないから、残念すぎる一戦になってしまった。

レッドアルヴィスは、難しい馬ではある。
兄もそういうタイプ。連戦が利くわけでもないし、休み明けだから絶対走るわけでも本当はないはずだ。
それでも、あえて付け加えるならば、勝ったベストウォーリアとの天秤をかけたかはわからないが、こちらの方に跨った戸崎騎手にとっては、これはかなりの屈辱である。

流れはイメージ通りで、気持ち外を回らされたとはいえ、結局内を回ってきた馬に差されてしまって、逃げたコーリンベリーは粘っているから、人気馬としては、かなりだらしない。
才能があっても、なかなか安定して実力を発揮できない馬は、いつの時代にもいるけれど、少なくとも昨年のベストウォーリアと似たローテでの参戦ながら、こちらの方は、まだ相手に左右されるひ弱さがあるのかもしれない。これも残念だ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方