2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <7/11・12>

読了までの目安時間:約 3分

 

晴れた。でも、中京での2戦は芝・ダートとも稍重スタート。
故に、芝は重たい。
芝のマイル戦は人気馬たちによる追い比べ。道悪適性も兼ねていたから、妥当な決着に。1人シルバーステートの先行押し切りを、ゴール寸前逆転して勝利したアドマイヤリードは、小柄なステイゴールド牝馬。中型の牡馬よりは、機動性に長けていたか。
この次に行われたダート1400から馬場は良に回復。
波乱の結果に関しては…。ハイペースを味方につけ、差し込んだゴブレットとミルコのコンビネーションが素晴らしかったということで。

完全良の福島1200は、即戦力キャプテンペリーが、クロフネ的正攻法の競馬で快勝。人気のハービンジャーが置かれてしまうのは仕方なし。

福島同様の馬場だった函館は、芝1200でまたしてもダイワメジャー様が降臨。断然人気に圧勝で応えたメジャータイフーンは、エイシンフラッシュの姪という判断のしにくい血統背景を持つ。無理して2歳Sに向かう必要はないか。力はある。
ファスリエフ産駒・ペイシャオトメが穴をあけたダ1000Mは、条件不適の馬も多かったか。勝ち馬は短距離専門だろう。

日曜中京の芝1400Mは、人気のカメハメハが2頭消え、それに続く人気馬が一騎打ちという展開。タガノミルキーがゴール前、クリノセゴビアを競り落としたところでゴールした。タガノゲルニカが父といわれても正直困るが、タフな馬場は合うことだけはわかる。

福島の2レースは、芝1800戦はダノンシャンティの仔・ルノートルが快勝、1200の牝馬戦はスウェプトOB産駒のコマノドリームが、外から豪快に差し切った。

函館の1800も新種牡馬・ワークフォースの仔が1、3着に来ていたが、北で勝ったグローリーミストは東京2400に実績のある血が入り込んでいて、一方、ルノートルは中距離向きのドイツ経由の牝系の構成だから、きれいに回ってこれた彼らは、違う性質を示しそう。
ルノートルの方は、存外完成の早いギニー血統といった趣きだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方