2015中京記念回顧

JUST競馬予想ブログ

中京記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


そうですか、そうですか…。素直になれなくて夏、である。
グラスワンダー×ウイニングチケットという配合にもかかわらず、スプリンターに違いないと確信をもって接すること自体、ファンと馬との距離感を冷静に判断すればするほど違和感しかなかったのである。
おめでとう、そして、ようこそマイル路線へ。
昨年の今頃、GⅠ敗走後のスマートオリオンの哀れともいうべき物悲しき連敗を重ねていた姿はこの日はなく、かつて横山騎手が跨っていた時代のスマートオリオンであった。

同時に、この路線がいかに軟弱な路盤の上で日々レースが消化されていることも証明されてしまった。
メイケイペガスターよっ!!掛かっている場合じゃないだろうが(笑)
でも、今更である。
最初にレースを乱しに、いや自分のリズムで…、それでもない、津村さんまだ僕をわかっていないようですねと、2度目のコンビを組んだ鞍上を手こずらせるいつもの感じで。
何でまた芝に戻したのか、などとナンセンスな問いを陣営に投げかけても仕方ない。
新馬戦で鮮やかな追い込みを決めて以降は、先行態勢からの押し切りが叶わなければ、何もできず、である。
9人16着殿負けに思うものは、短距離のダートで何とかもう一花、しかない。

スピードだけならメンバー屈指のエールブリーズや人気のカレンブラックヒルもそう。
メイケイの体たらくによって、マイペースで走ることを許させない46.4-47.0のタフな馬場で、実に厳しい流れに乗っていくしかなった。
ただでさえ、外差しが利くという馬場状態なのに。
故に、調子の良さと気分も同時に乗ってきたスマートオリオンにとっては、こんな展開屁でもないのであった。
速くもないし、相手も粘れていないだけのこと。

言ったら、4着捲っての粘り込みのエースブリーズとともに、隠れたマイル適性と確かな左回りへの適性をこの2頭は、正攻法で示したことになる。
いかにも混戦向きのアルマディヴァンや一応自在型のオリービンらと比べ、特殊な馬場適性も問われたことは間違いないのだが、良馬場での正攻法には、最近のこの路線にいそうでいなかった堅実さのある性質といつかは大舞台に出てきてもやれそうな予感をさせる何かがあった。

それこそここで大敗後にサマーマイルチャンピオンになり、今年の安田記念でも「左回り適性」だけで3着激走したと思われるクラレントと通ずる危ない香りと中毒性のある一発の破壊力が、また戻ってきたのではないか。
ミルコにも通ずるそれを彼が引き出したのか、やっぱり名手の乗り味が勝負を分けたのか。
元々斤量の重い馬にもチャンスが大いにある競馬だから、他場の高速決着で同様のパフォーマンスができるとも限らないのだが、オッズが示すように、ここをきっちり勝っておかないといけないというほど実力の抜けた馬はいなかった。
1400M・1:20.5で駆けた前走の東京より迫力はあったから、やはり58は超えない別定重賞でもう一度彼を見てみたいという願いくらいは果たしてほしい。
中京競馬は、軽い競馬にならない分、時計勝負による消耗は考慮しなくていい利点がある。そこを信じたい。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方