2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <7/25・26>

読了までの目安時間:約 3分

 

今週は6鞍。
土曜から。中京芝1400Mには、人気に推されたワントゥワンや人気薄でこそのマイネルの勝負服を着た柴田大知騎手のベルフラワーなど、それぞれワンカラット、コスモベルといったいかにも中京の馬場を歓迎しそうなスプリントのタレントを母に持つ良血馬が登場。各々持ち味を出して、納得の新馬戦となった。
混戦に強そうな父ステイゴールドのベルフラワーは3着争いを制し、外に出されてゴール前ぐいぐい伸びたワントゥワンは、人気を分けたアンシェルワープとは決めても奥深さも違うぞというパフォーマンスを見せてくれた。
ハープと同配合で、この舞台から…。素直に評価したい。

さて、福島の芝2戦なのだが。
この時期の(牝)1800Mってなんだ?と、色々考えてしまうような予想とそんなような結果に終わった一戦は、小回り-松岡なら説明のつくゲッカコウの3角手前の捲り上げと好位粘り込みのリップルトウショウが押し切り波乱。
1200も同じようなもので、途中から先頭に立ったミキノドラマー等先行馬が全残り。
馬場の作りもあるが、動ける強みも結果に反映された形だ。

日曜中京の芝マイルは、死んだ馬の云々ではないが、父のカメハメハにも叔父のブラックホークにも似ていない430kg台の馬体のアオイプリンセスが、荒れた内の方から直線伸びて、追い比べを制した。渋くともいい血統の馬は多く、2着のショウナンアヴィド以下も侮れないか。
福島の2000では、またしても前が残った。
勝ったのは、4角で動いていってすぐ前にいたマルターズゲイルを直線入り口で捉えて押し切ったロジストーム。アンブラアイドルズソングとストームキャットの組み合わせだから、この形で攻め続けていきたい。

馬場回復の途上の函館1800も先行残り。
逃げ切り楽勝のアフターダークは、末を伸ばしてのスローの押し切り。これがワークフォースの十八番ではないだろうが。人気のディープガリレオは、洋芝の良で実力発揮の差し馬か。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方