2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <8/1・2>

読了までの目安時間:約 3分

 

今回は9レースあるので、レベルを3段階で評価して、さっと振り返る。

土曜
新潟芝1400
中・カネノイロが鋭く抜け出した。パイロというよりか母父タヤスツヨシの決め手か。次に走った者が生き残りそうな感じもする。
小倉芝1200
低・アグネスヒーローが番手から抜け出すも、敵がいなかった印象。距離を延ばせば見込みもあるが。
札幌芝1500
中・ストリートセンスとアルザオの配合と言われてもピンとこないが、ジープルメリアが牝馬らしい決め手を発揮してデビューウイン。減量も効いたのだろうけど、正直よくわからない。洋芝適性が上位なのは確かだ。

日曜
小倉芝1200
①九州産馬戦は、直前1頭除外ながら17頭立ての競馬。そのせいか、逃げ切り楽勝のキリシマオジョウは3倍ちょうどのオッズ。つきすぎだった。
②混合戦楽勝のジュンゲル(父キンシャサノキセキ)も似たようなもの。小柄なこともあって、レースセンスの良さを示したが、お互い相手が迫力不足なので、中評価としておく。

新潟芝1600
高・上位人気のルグランフリソン(スマートストライク)-タニノアーバンシー(シーザスターズ)-ミネット(ディープインパクト)が前に行った順にゴールしたが、正直、秋の開催でも人気になるような力を持っているだろうから、父の名を鵜呑みにして、現状の力を示していると見ていいだろう。皆中距離型か。

新潟芝1400(牝)
中・接戦のゴールラインに一番乗りで飛び込んだのは、外から差してきたボーアムルーズ。内回りなので、人気馬も戦法ひとつだったろうから、今後を楽観しての評価。

札幌芝1800
高・トゥザヴィクトリー一族のプロフェットが人気に応え、アニメイトバイオの弟が2着。ハービンジャーは良血と相性がよく、ステイゴールドはタフな血統の方が合う。競馬の内容も然りだった。

札幌ダ1700
中・ロジータの孫でベーカバドの仔のエネスクが揉まれながらも快勝。一度クラシックを目指して、秋にはこの路線か。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方