2015小倉記念回顧

JUST競馬予想ブログ

小倉記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

そろそろ抑えるのもありかな、と思って見ていたメイショウナルトが、前回の競馬を意識したのか、秋山騎手らしいといえばそうなるが、3番手に控えての競馬。
それでも、少し前掛かりの展開になりそうな予感は皆が的中し、何が差してくるのかという競馬になった。

アズマシャトルですか。
そうだ。白富士Sでやたらと強い競馬をしていた馬である。
実績のある馬が少ない組み合わせで、56程度の斤量でも少し目立ってしまう存在ではあったが、前走準オープンで1番人気だったという馬が負けて出てくれば、よほど期待されている馬ではない限りは、再び人気が集中するはずもない。気楽だった。

また若き腕利きとして、また川田、浜中といった20代の最初の大目標を捉える意味で、松若風馬という騎手の大成にこの初重賞制覇の価値は大きい。
パートン、和田、浜中、川田…。自分に続いた騎手たちは、当地でのリーディング争いをしつつ、更なる秋への飛躍を自らの力で実感できるところに持っていこうとする途中のトップジョッキーだ。
そんな連中を負かしたのだ。鮮やかだった。

この馬を押さえる意味では、少し人気が先行してしまったきらいもあるマローブルーの取捨もポイントではあったが、人気上位勢で、唯一といっていいほどモタモタした面を見せてしまった。
いい位置を取って、万全の好位差しを狙ったのまではいいが、少しペースが速い割には前の方がゴチャついていたから、本当はもっと外へ出したかったのだろうが、先述の猛者がすぐ後ろに控える展開。
彼の日の宝塚記念で、このマローブルーと同じ斤量で出走してきたウオッカの負け方と少し似ていた。
いい経験にしたい。5着ならまずまずだ。

ベルーフも、父と叔父の名を頭に浮かべれば、決して斤量が恵まれていない古馬初対戦で、勝ち馬と並び二桁体重増での参戦は、菊だけにとらわれることなく、様々な可能性の模索をしたくなるような2着好走である。
強いて言うならば、これが札幌記念ではないから、安易に古馬のビックタイトル争いに即通用するだろうと言えないことだけが不満か。
時計が速いのはいい。ラブリーデイを超えたい。

今回も正攻法で最後ちょい差しを食らってしまったウインプリメーラや、今まで見たことのないような豪脚を披露してあわやの場面を作ったクランモンタナは、何か血統のイメージと真逆の脚質で好走していたが、余力があるなら新潟にぜひ参戦してもらいたいものだ。
札幌記念でローカル組の台頭が簡単ではないのは、今年も同じこと。
賞金目当てということではなく、ある程度厳しい流れで一発の可能性を示しているのだから、夢は諦めないでほしい。
別にサマーチャンピオンを目標にしろということではない。
血統の字面通りではない走りが、何かを起こす才能を秘めることを暗示している場合、往々にしてこういう後に目覚めることがある。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方