2015関屋記念回顧

JUST競馬予想ブログ

関屋記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

時間が少し経つと、1番人気だった馬が5番人気辺りにいるようなオッズの推移があって、結局新潟とGⅠでの実績を買われたカフェブリリアントが一番支持を集めたわけだが…。

そんなレースが簡単に決まるわけもない。
皆、最初からスローだと分かっていた。
「行くか」
川須騎手の好位取り付きまでの巻き返しは、見事というよりは、そんな展開の読みと外枠からの発走、加えて今回も中京記念と同様に人気上位馬としてレースに参加していることもあるから、多少の出負けくらいであたふたしていらあれないといういい意味での緊張感があったからこそ生まれたナイスプレイと言える。
それくらいは当然のこと。昨日今日騎手になったわけじゃないのだから、こういう積み重ねを大事にしていってもらいたい。

ただし、その緊張感の源泉は、言わずもがな怪しい気性の持ち主ばかり生まれてくるエリモピクシーの仔に跨っているという意識であることも間違いない。
掛ったらどうしよう…。それをマイラーズCでは払拭し、思い切ってというか、自分のリズムでレースの主導権を握ってしまうのがやはり合うのではないか、というような感触をたまに乗り替えられてしまうことがある立場ながら、しっかりレッドアリオンのことを一番に考えてきたのが、今年の好成績に繋がったのだろうと思う。
兄のクラレントも参考にしながら、それと似たような道程を踏んで、兄に続く形でのサマーマイルチャンピオンの獲得もこれで現実的な流れになった。
が、斤量だけはどうにもならない。ただ、兄はそれを乗り越えた。

「もっと上を目指して」
ダービートレーナー・橋口弘次郎師は、まだまだ先の長い人馬に、小さな課題を与え続けているように思う。
昨年は、田辺騎手を配して、クラレントの才能を全開にさせた。
まだ甘いぞ。中京で全く良さを出せなかったこの馬の良さは、軽快ではないが、渋とく最後まで伸びる持続力勝負に向く性質。京都の時より上がりは遅いのだから、必然的な勝利のように思う。
知っているからこそできる芸当。だから、もっといいものを見つけていきたいと川須騎手には貪欲になっていってもらいたい。

スマートオリオンは、ペースが合わなかったというよりは、中山を得意とするような馬だから、中京戦からの上積みは当然望み薄だったので、もっと前で…。
よく知っている馬でも、乗ったことがないのなら、スタミナへの不安も少しある以上逃げる手はなかったのだろう。ブービー敗走も、時計は前走より0.3秒詰めている。

力を出し切れなかった馬が多かった中、マジェスティハーツの追い込み脚が完全に復活した。
もっと前に動けるようになっていればいうことなしだったが、ハーツクライもその代表産駒であるジャスタウェイもそう。
遠回りしてこその魅力がある。
今回はメンバー中最高の32.4秒の自己ベストを記録。
もしや…、は望みすぎでも、いい加減重賞馬の仲間にはなれそうな気配はプンプンしている。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方