2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<8/15・16>

読了までの目安時間:約 3分

 


土曜は新潟芝1800が熱かった。
期待のディープインパクト産駒相手に一矢報いるべく挑んだステイゴールドの仔フォンスは、差し届かず3着。
終始主導権を握ったサンセットトウホクも、最後の最後に捕まってしまった。
それもまた仕方のないことだったのか。4番人気を味方につける形で後方一気を決めたレプランシュの破壊力は凄まじかった。ディープらしさを出したこの馬が、やはり一番強かったと思う。

発表曇もかなりの雨の中行われた札幌1500の牝馬戦は、人気勢を相手に番手から鮮やかに抜け出したアラモアナワヒネが勝利。溜めるともっとキレそう。
小倉ダ1000Mは、断然人気のカジノドライヴ産駒・カジノスマイルが快勝。ローカル専門の非力な牝馬ではなさそう。

日曜新潟は、芝のマイルとダートの1800戦が行われた。
違うクロフネと違うDメジャーを狙っていた者にとっては、一気にやる気がなくなるような結果となった芝の一戦。
それはさておき、人気のカープストリーマーをねじ伏せた人気薄のほうのクロフネ牝馬・ディーズプラネットは、関西馬優勢の見立てにひとつ注文を付けるような勝ち方だった。体格差が50kgもあったのに、こちらが競り負かしたのだからえらい。
ダートの方は、華麗なる一族出身のメイショウゴデツの圧勝。重々しくないのがいい。

小倉の1200は、1800戦と見紛うような血統の馬が揃い、結局小倉デビューのメイショウサムソン産駒・キンショウユキヒメが人気に応えた。万能型の可能性あり。
良血馬が多数集った札幌1800は、またしても雨の中のレース。母レーヴディソールそっくりの毛色のアラバスターが、追いすがるメイショウアンカーを最後突き放して1番人気に応えた。
母のデビュー戦よりは堅実なレース内容だったが、牡馬なので追い比べで負けなかったのは好印象だ。他にもフサイチパンドラの仔などもいたが、まだパンチ不足だった。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方