2015札幌記念回顧

JUST競馬予想ブログ

札幌記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

ああ、こういうことだったのか。
ラストインパクトが捲って上がってきたときは、この馬だと思ったし、ラキシスはいいスタートを切って番手につけていたからこれも残るだろうと思ったのだが…。
トーホウジャッカルに関しては、少し外々で勝ち気に仕掛けていったのは、素直にハナにたてたトウケイヘイローとの位置関係を考えたら、かなり苦しい展開になることも予想された。
そして、ものの見事に3強は瓦解し、古豪による力比べへと変質していったのである。

昨年の初の洋芝でいきなりというハープスターのようなパターンは珍しい。
穴馬は洋芝適性のある馬から。これを忘れると、大体痛い目に遭う。
函館記念馬が3着に敗れるというのは少しおかしい話にも映るかもしれないが、一方はGⅡ2勝馬であり、もう一方は毎年上級の勝ち馬を生み出すエプソムCの覇者だ。
ディサイファ-ヒットザターゲット-ダービーフィズ。
この順番は、札幌記念のセオリーから言って、よくあるパターンである。格と調子と洋芝適性が問われた競馬は、勝ち時計の1:59.0よりはるかに厳しい底力勝負になった。

中京でのパフォーマンスが、アメリカJCC5着の時よりかなり良化していたから、春が楽しみだなと思っていたディサイファは、秋の格上挑戦での疲労等も考慮して、今年も秋の東京を目指すローテーションを選択してきた。
加えて、昨年は軽めの相手を選んでいって、勝ち癖をつけようとして賞金加算もうまくいかなかった中で、最後のエプソムCを制して秋のGⅠ出走に漕ぎつけた目いっぱいの感じのする使われ方をして、結局良さが出ないまま年が明けてしまったが、今年は、まず立て直すことを重視して、極めて負担の少ないレース間隔をしっかりとる、言ったらかなり特殊な馬の作り方で、札幌記念の結果をひとつの基準にする手法を選択してきたのである。

そして、馬は前に行けるようになった。
中日新聞杯でもなかなかいい脚を使っていたが、その時が札幌記念比で-8kg。
勝つには勝ったけど、安田記念だ宝塚記念だと、目先のタイトルに囚われると使いたいレースを使えなくなってしまう。
エプソムC出走時にきっちり体調を整え、若いディープ産駒にはスピード負けしてしまったが、十分札幌でならやれる状態にあったということだろう。
6歳夏にして、番手からの抜け出しで重賞制覇ができた。陣営も鼻高々。
ある意味、時計面での限界があるグラスワンダー一族の良血馬のこと。狙い目は12月だと思うのだが、そこにピントが合うかは何とも言えない。

末脚の使い方に少々難しいところのある馬を、この札幌と同じようなタイトな造りをした園田で腕を磨いてきたベテランが能力を引き出して見せた。
勝ち馬とは上がりの脚が1秒ほど違うから、明らかに有力馬の足を掬う形での台頭だったが、ダービーフィズにせよヒットザターゲットにせよ、自分から勝負にいけないことをある種の武器にできたことが証明された点では、まだまだうるさい存在であり続けることだろう。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方