2015キーンランドC回顧

JUST競馬予想ブログ

キーンランドC -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

読みが甘かった。
エポワスが行こうとしたら、内枠で斤量にも恵まれた3歳馬2頭がゆっくりと、しかし着実にペースを上げていき、落ち着いた流れというよりは、少し先行馬には耐えきれない消耗戦へと持ち込まれていった。

したがって、外枠を引いたティーハーフには…、甘かった。
もっとキレるのは牝馬ですよ。夏競馬の、そして、サマースプリントシリーズの格言通り、今回も牝馬のウキヨノカゼが制した。

牝馬の出世レースとされるクイーンCを勝って以降、競走馬として最も輝く時間を脚の治療のために費やし、昨秋復帰後もこれといって目立った記録は残せないまま、最後にスピード勝負でもう一花…。

甘い夢を追いかけることさえ許されなかった少女が大人になったという実感を覚えたのが、函館のスプリント戦だった。
人気もなく、じっくり回ってきておもむろに直線では外に出されると、これまでの凡走が嘘のように弾けるように伸びるのであった。

その後、2着に負かしたエポワスは札幌1200でレコード勝ちし、彼がその前に負けていたオメガヴェンデッタと、前記のティーハーフ共々、人気を集めてキーンランドに出てきたから、まあ立場は楽だった。
クイーンCを勝ったときにしても、その前のフェアリーS2着の実績が、レースレベルが怪しいということもあって、そこで負かしたイリュミナンスにまた先着して、微差の勝負をものにした経緯がある。
ましてや、先週の札幌記念を快勝して気が乗っている四位騎手が鞍上。
結果的に、函館スプリントSのティーハーフのような位置取りから、豪快に抜け出してくるという展開になったから、人気勢にとっては何とも皮肉な競馬であった。

この日、札幌の新馬を制したのがブラックタイド産駒のラシーム。直前の新潟10R・朱鷺Sで穴をあけたのがディープ産駒のベステゲシェンクだった。オンファイア×フサイチコンコルドのウキヨノカゼは、一応クラシックを狙える配合ではあったが、なんだか落ち着くところに落ち着いた感じも受ける。
名血の継承者というのは、最後は速さでその存在意義を示すということなのか。

ティーハーフは、多少はもまれる展開には対応できるようになっていたはずなのだが、大外に構えていたトーホウアマポーラの末脚にも屈し、少し物足りなさの残る3着に終わった。
兄のサドンストームもそうだが、期待感ほど強烈に追い込んでくるわけではなく、期待していないときに思わぬ決め手を繰り出すタイプなのかもしれない。
追い込み馬に謙虚さを求めるのはおかしなはなしだが、前半は大人しく他馬の陰に身を潜めるより他ないようだ。ちょっと残念な負け方だった。

あと、姉アマポーラは弟ジャッカルと違い、走りきる時計よりスマートに競馬できるどうかが重要という性質の差が、結果として表れていた。
走るカテゴリーが大きく異なること以上に、スピード能力の引き出し方があまりにも違うから、これは意外ということもないはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方