2015 新潟記念 回顧

JUST競馬予想ブログ

新潟記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


外差し外差しと言われながら、大外枠に入ったアーデントのことを忘れてしまっていたから、マイネルミラノが総マークをされる展開ではなく、レースの流れとは別のところで走っている先行馬の次に、持続力勝負で出番ありのパッションダンスらも構える展開となった。

馬場状態を考えて道中から外に出すことを念頭に乗っていた人気勢には、とてもじゃないけど対応できる範疇の競馬ではなく…。

どっちが勝ったのか?

ゴールシーンは手に汗握るものがあったが、その前の時点では、大半のファンが、マイネルミラノはペースメーカーになって、外差しの流れに呑み込まれるはずの読みとは大違いの展開になっていたから、それこそアーデントではないが、興味をもって最後まで注視している人は多くなかったかもしれない。

小倉記念の内容から、新潟大賞典を勝っている舞台に替わって、大駆けの期待を密かにされていた3番枠のパッションダンスだが、絶好の先行ポジションから、当然がら空きとなる直線の内ラチ沿いではなく、極めてオーソドックスな外から前を捕らえるディープらしい競馬。

思い出した2年前の春の光景とは、全く逆の立場で2つ目の新潟重賞制覇を果たしたのである。

姉アドマイヤキッスが、悲運の死を遂げた年に生まれたこの馬には、色々と味方してくれるものが多いのだろう。

マイネルミラノよりは買われていたが、レースの流れは完全にそちらの展開。

当然、騎手の腕も評価されるべき部分に繋がっていくのだが…。

今週は、調子が良くなかったな。先週のお祭りでお疲れだったか、ミルコに元気がない週末だったのは確かだ。

新馬戦も断然人気に応えていたから、不調ではないのだが、差し馬に乗ると悉く置かれてしまって、後から追いかける残念な騎乗が続いた。

それでも、ヤスが勝ったなら俺も。シュウジの父・キンシャサノキセキには、一度乗った阪神Cで勝ったといういい思い出もあったが、何より彼らは今、サマージョッキーシリーズで激烈な攻防を繰り広げている二人なのだ。

同じ重賞勝ちでも、その価値が少し違う。来週は、いつものミルコ・デムーロに戻っていることだろう。

平坦ならどこでも走れるマイネルミラノを示した意味はあるが、2着では…。個人的には、マークを外すエースストライカーのようないつの間にか離している巴賞の競馬をベストと据え置いた騎乗をしてもらいたいと思う。

3歳勢は、やはりこんな時期に仕上げて出すはずもなく、見せ場なし。

共倒れは意外だったが、先述の通り、テクニックが問われたのでは太刀打ちできない。

マジェスティハーツの位置取りは、先行タイプの後ろにいたからといって批判されるべきことではないが、器用に立ち回れたならば、重賞はもう勝てているはず。

雨もよくなかったとか、展開ももちろん合わなかったということだろうが、そもそもみんなの注目を集めるシーンで輝いたことのない馬だけに、これも必然的な負け様と見たほうが賢明だ。

個性派らしい、流れとは関係ないところでの競馬はという意味では、アーデントとそっくりなところがある。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方