2015 セントウルS回顧

JUST競馬予想ブログ

セントウルS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

本気で走ればこんなもんだい!

函館2歳王者は、定期的に阪神のGⅠ前哨戦で来る。

ただ、GⅠ級を除き、休み明けはまず来ないレースで、GⅠではないレースで大敗している馬が、比較的楽なペースだったとはいえ、逃げ切ってしまうとは…。

一応、朝日杯FSの5着馬。NZT(15着)よりは、癖のある結果は出にくいから、50倍もあるならしっかりと押さえておくべき馬だったのかもしれない。

いやしかし、忘れていた。アクティブミノルの先行力である。

いくらか抑え気味に行って、終いを伸ばせたなら、この手の前哨戦向きの性質が活かせることは、もうデビュー戦の時点でわかっていたのだが…。

3歳馬のレベルが高いことはわかっていても、キャリア7戦目というだけでどうにも食指が伸びない古馬のエース級が揃ったスプリント重賞において、時計は1:07.8とかなり平凡でも、ハクサンムーンをはじめ、ホウライアキコやルチャドルアスールなど独特の存在感を示している逃げの名手らを後ろに回して堂々の先行押し切りまでは想像できない。

34.0-33.8のバランスラップは、現状の彼の能力からすると、完全体の必勝パターン。

他の馬からすれば、追いかけるのも大変で、また前に馬を置く形からの抜け出しをまだ身に着けていないアクティブからしても、一生懸命最後まで走り切るにはベストだったのだろう。

東西とも、穴党がウハウハしていそうな大波乱の決着であったが、こちらの方は、分析力があればWIN4までは達成できる根拠を引き出すことは可能でだったと言える。

ウリウリは、二の脚がつかなかった感じで序盤のロスが響いた。

鞍上・岩田康誠の十八番である・イン強襲も考えての馬群から抜け出す戦法に切り替えて、あまり大きな消耗はしなかったはずで、うまく外のほうに進路が取れたから、大外からではないが、しっかり自慢の末脚を伸ばすことまではできた。

直前になって、ハクサンムーンとの1番人気争いは制したが、レース展開は、あまりにも意外だったから、トータルで見て、大外枠が敗因となったと見たほうが自然だろう。

本番を見据えると、こことの連勝馬が、15年やってビリーヴただ1頭というのも返って強気になれる要素か。

坂もある程度の時計に対応できる柔軟性を、今回も揉まれる位置から好結果という形で示したわけだから、勝ち馬とハナ差だったので万全の仕上げでもなさそうだし、そこまで気にする必要はないはずだ。

自分の型を崩されてしまったハクサンムーンは、昨年は例外という2着だったように思う。

休み明けも、前に馬を置いて直線で追いかけるのも苦手。強いて、欠点をもう一つ挙げるなら、本馬場入場後の回転速度が少し遅かったのもよくなかったか。

ゴールドシップもそうだが、馬のルーティンにはレース中以上に配慮が必要なタイプである。

5着マヤノリュウジンも、休み明けはだいたい不発だが、上がり時計がウリウリに劣っただけで、あとは妙に存在感があったから、ストレイトガールに少しキレが鈍った印象もあるし、本番で出てきたらマークしたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方