2015 ローズS 回顧

JUST競馬予想ブログ

ローズS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


戦前の予想よりは速く流れ、それでもディープ産駒らしい末脚を炸裂させた2頭が外から伸びてくる展開。

しかし、パドックの時点では、もう外枠の差し馬・上がり馬には出番ありの結果は予想されていた。

レッツゴードンキは、身体がもう少しシャープに見せていたはずの春とは一変。

丸みを帯びたという意味では、それはキングカメハメハらしさであり、ミスプロがもう一本入っている馬の基本形であり、また休み明けの春のクラシックホースの体つきではあるのだが、少し気難しいから桜花賞は逃げて、反対にオークスは内枠が災いしてすべてうまくいかなかったこと考えると、これはペースメーカーになるのでやっとだろうと、軽めに押さえるくらいに止めるのがいいと考えるべき状況だった。

結果だけ見れば、ハイペースが原因の失速だろうが、前述のマイラーらしさの体現が4着につながったのだとすれば、コース替わりで距離延長と叩いての良化分が相殺されて、またまずまずという内容で3歳戦を終えそうな予想もたつ。

もしかすると、もっと前に行ってもいいのかもしれないが、それは陣営の理想像ではないはずだ。

ミッキークイーンは、レッツゴーよりは増えてはいなかったが、差し馬であることと、春先何度となく見てきた出遅れ癖が今回も出てしまった。

この時点で、夏に使われて調子を上げていたタッチングスピーチ相手に実績面でのアドヴァンテージを活かせない状況に追い込まれ、3角まで殿の追走。

ペースがペースだし、またディープの仔だから、当然ごとくゴール前は突っ込んできたのだが、クイーンCとあまり大差のない内容とも言えなくはない。

出の差以上に、着差はつけられてしまい、思えば、この阪神で春は全く相手にしていなかった馬にここまで完璧にやられてしまっては…。

母のリッスンは、競走年齢に今年達した牡馬に2億円を大きく上回る落札価格がついたことで、ちょっと話題に上った繁殖牝馬である。

タッチングスピーチからすると、完全同血の全弟に当たる馬。

初重賞でこれ。札幌でのレース内容がいくら良かったとはいえ、これである。

忘れな草賞で勝ったミッキークイーンにつけられた差は、ほぼ大差に近い1.3秒差。

人気面の差は全く縮まってはいなかったが、ルメールの出遅れをしっかりカバーした無理のないリカバリーによって、彼女は輝くことになった。

ある意味、福永祐一、今何を思う、でもある。

文句なし。秋華賞の最有力馬になったわけだが、明らかに外回りが合う馬。

札幌は、古馬相手の2000Mだが、500万クラスのレースだったから、派手なパフォーマンスの馬は、やっぱり嫌ったほうがいい…。

そんなこと言えるはずないか。こちらも初重賞で3着健闘、明らかに騎手への応援票と血統の人気で過剰評価を受けながらの好走となったトーセンビクトリーとともに、何か春の良かったころの思い出に浸っている組をガツンとやった勢いが止まるとはちょっと考えにくい。

そういう意味では、少し掛かりながらも粘ったクイーンズリングも評価できなくはない。

ただし、鞍上が認めるように、距離延長は歓迎とはいかないから、残りのディープ産駒・アンドリエッテ、ディープジュエリーら上位7頭までの出し入れで次は良さそうな感じはする。

先行馬壊滅状態とはいえ、次も前に行けるというか、出られる馬が限られるだろうから、現時点でも出来は良かったこの下位のディープ2頭は、相当に怖いと思う。

無論、掲示板組がこの日くらいまた走ったら、今度こそいい脚で伸びてくるだろうという浅い読み。

京都2000Mと単純に繋がる競馬ではなかった。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方