2015神戸新聞杯回顧

JUST競馬予想ブログ

神戸新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

ディープ産駒が毎年のように苦しむとされるこの神戸新聞杯を制したのは、今年もそうじゃない馬の仔であるリアファル。

父ゼンノロブロイが勝った時とは、コースレイアウトも距離さえも違うわけだが、武豊が2番手選択の意思を示した時点で、古馬オープン勝ちの実績を持つリアファルが、正しい位置にいることは明白だった。

ルメールの好騎乗というよりは、騎乗歴があって、その時に逃げていることが勝負の舞台に挑む段階では、大いにプラス作用したようにも思う。

休み明けの馬が多かった。

マッサビエルは、いくら大回りのコースとはいえ、こんな外枠でスローの流れ、ましてや初の阪神遠征で休み明けではどうしようもない。

ドーベルの血筋を引くもの。鞍上がそれを意識せずとも、余計なことをするわけにはいかない。動くのは悪くないが、今回は出番なしは明らかだった。

ダートの活躍馬多数、それも大物揃いの血統構成で、時に芝・ダート兼用のゼンノロブロイを父に持つリアファルの敵は、血統では何一つ負けていないダービー4着馬のリアルスティールだった。

本来は、逆転まではあったはず。それも、弟が中山で2戦2勝を決めて、クラシック出走に早くも前途洋洋な気配を示していた中での一戦。

しかし、今回も正解に限りなく近い競馬をしながら、全く前には追い付きそうもない2着。

距離が長いことは、ストームキャットが肌でミエスクの一族であるから、十分に可能性はあった。ダービーで控える策をとったのも、気性面を含めたその点での怖さがあったからだろう。

何かを得られたかと言われれば、何とか体調は戻せたと自信を持って言えるというだけで、新たなタフすぎる敵をトップホースの仲間入りさせてしまったという虚しさもある。

言い訳はたくさんできる立場とはいえ、どの道を進むにも、勝つための武器が足らない可能性が改めて実証されてしまった今回の敗戦に、いい叩き台だったと胸を張れる要素はあまりなかったように思う。

菊では、また下げるより他ないだろう。

数多く出走してきた自分たちの仲間である前走条件戦組の中から見事抜け出したリアファルの敵は、いよいよ自分自身になった。

この策でいいのか。このままの自分でいいのか。

言っても、スローの期待できる大きな造りのコースで先手争いをしないで挑んだ格上相手の競馬に、うまいこと勝てただけではないのか。

粗探しではあるが、長距離GⅠでの逃げ切りは、直線の長いコースの消耗戦よりもはるかに先行策のレパートリーは少ないがために、まず決まらない。

セントライト記念もスロー。上がり馬も差し馬が多い中、自分で動く強みをどう活かすのか。

スーパールーキー・C.ルメールは、何を目標に勝ちに行く競馬をしていくのか、大いに興味を惹かれる。

前例に倣えば、テンのスピードで相手を硬直させる手しかないのだが、芝で逃げない彼を知らないだけの我々は、淀の長丁場の道中で、馬群の中を悠々追走する彼の姿を目撃することになるのかもしれない。

知っている世界での戦いではない菊花賞は、何が起こっても不思議ではない。

逃げても勝ち目がないと控えるイメージを中間膨らませることができたなら、また楽勝だと思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方