2015新馬回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<10/10~12>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日は芝マイルの牝馬限定戦を東西で開催。

東は高速道路の事故渋滞を受けた発走時刻繰り下げの影響もあって、全体的に荒れ気味の中、キャットコインの全妹・ワンブレスアウェイがその名の通りの末脚を繰り出して、ゴール前差し切り勝ち。

一方、西は平穏。番手につけたシンハライト(アダムスピークの全妹)が、トゥザヴィクトリーの姪とダノンプラチナの全妹を引き連れてくるという何ともわかりやすい展開に。勝ち馬が一枚抜けていた。

京ダ1400は、パイロをナメんなよキャンペーンに乗じて、オーマイガイが3馬身差快勝。ただ、牝系は単調なので…。

日曜日の中距離戦は、ディープが一歩届かずの競馬。

京都1800も東京2000(稍)も、先手必勝の策が決まった。

西では、アグネス血統の同冠号・スターダムが、断然人気で序盤モタつきながら巻き返して猛追したパーシーズベストを押さえて勝利した。これは2着の馬の自滅も大きい。

東は、2角の位置取りで決まったレース。逃げ切ったクィーンズベストは、ワークフォース牝駒でバラード系の良血馬。

ウムブルフ(2着)は、最後までそれを追いかけるストーカーに終始してしまった。男磨きは怠らぬように、である。

東ダ1600も稍重。そして、パイロの差し切り。サンヘレナの母はジャンポケ×フォーティナイナーということで…。

月曜日は4鞍。

1番人気が勝ったのは、京芝1400ボールライトニング<ダイワメジャー>と東芝1600のラベンダーヴァレイ。

後者に関しては、マウントシャスタの全妹らしい好センスな競馬で危なげなく勝利。前者は馬なり楽勝で、双方距離適性がぴったりだった。

一方、8番人気のノーモアゲームが直線突き抜けた東ダ1300戦と鞍上の好判断でどんどん前に行って押し切った京2000Mのバティスティーニは、中途半端なスローを味方につけた。各1番人気馬は、対照的なレース運びが裏目に出た印象。

ただ、勝ち馬の方が自在性があった。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方