2015新馬回顧 モーゼス・アーバンキッドほか

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<10/17・18>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日はまた雨の影響を受け、東京芝は稍重の競馬。
芝は東西で最短距離のレースが行われた。

京都1200も東京1400も、結局ダイワメジャーの▲評価が勝利。
直線入り口で手応えよく上がってきたレイリオンが西の勝ち馬。安田厩舎である。
東はカレンブラックヒルの全弟・モーゼスがゴール前抜け出して勝ち上がり。500kg超の先行馬で父似か。

東京では1800戦も行われ、人気馬の一騎打ちをアグレアーブルが制した。
マンハッタン牝駒で母系はアメリカ血統。速い上がりを新馬で使えたからといって、それを真に受けるのは危険だろうが、重賞級の器だと思う。

京都ダ1800では、カジノドライヴ産駒のドライバーズハイがデビューウイン。ボールドルーラー系復活の狼煙を上げた馬の仔が、このいい流れを掴めぬわけがない。

日曜日は、京都芝1800のマカヒキが圧倒的なパフォーマンスを披露し、強烈な印象を残した。
中団から動いていき、外々をゆっくり回ってきて、直線は手応えたっぷりに馬なりで伸びてくる。
しかし、このウリウリの弟は、毎年一回は必ず現れるそんな馬とは一線を画すように1:47.7の好時計決着で、33秒台中盤の上がりを繰り出したのである。
すでに、様々個性的な才能を持った候補が登場している状況で、この馬がどこまで伸びていくのかが、世代レベルの指標となることだろう。
ここではスピード能力が一つ抜けていた。

東京では、良に回復した芝でマイル戦が行われ、ハーツクライ産駒のアーバンキッドが人気に応えた。距離は2000くらいまでこなせると思うが、どうなるか。
あとはダート戦。
東1400(重)では11番人気のシゲルキツネダイが外から突き抜け、京1200のシンゼンスタチューは人気馬同士の一騎打ちを制した。
新潟は外枠を利して先行した人気の(外)アポロテキサスが逃げ切り勝ち。
三者とも時計はまあま速いから、結構やってくれそうだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方