2015クラシック路線総括

JUST競馬予想ブログ

クラシック路線総括 -牡馬編-

読了までの目安時間:約 3分

 

二冠馬ドゥラメンテのいると、そのレースが多少なりとも壊れる。
また、彼に先着した馬、接近した馬は、決まって勝ち味に遅いタイプだった。
そして、2度の接近に成功したリアルスティールは骨を折り、それを免れたちょっと遅い先行馬のキタサンブラックは、乱ペースに惑わされることなく菊花賞を勝った。

今の時代、ドゥラメンテほどの馬が三冠を目指していたかは、自身の故障により、もう誰も考えられなくなってしまった。
ヴィクトワールピサは、3歳秋遠征を経験し、JC3着後に3連勝して、世界の名馬へ昇華した。

歴代2位の皐月賞と、父のダービーレコードを更新したサラブレッドに最高の価値を付け加える要素というのは、簡単には見つけられない。
血統も申し分ないの馬の未来は、死の性質によって、潰えたり、夢を繋げられたりと様々展望できる。
競走馬としての死が、生命体の死と直結するのが常の世界にあって、膝の剥離骨折という軽微な故障は、未来の大活躍を予期させるのに十分な休養期間を作った、神からの贈り物のように思う。

彼が元気だったとしても出てきたかどうかは分からなかった菊花賞は、結果として皐月賞2、3着馬が入れ替わって、神戸新聞杯楽勝の上がり馬がその次に入る平穏な決着に終わった。

春二冠でまともに競馬できなかったスピリッツミノルが、最後の最後で逃げ馬らしい形を作ったことで、全体の時計も平凡に。
向こう流しで何頭かが、彼の作る逃げのリズムを破壊しようとしたが、結果だけ見れば、スピリッツミノルペースは異質な存在のレースにおいては、正しい流れであったことを示している。
しかし、それがために、距離不安の馬ばかりの競馬が荒れず、綺麗に大団円の結末を迎えてしまったとも言える。

リアルスティールは、距離、自在性、気性の主要素において、どれ一つとも突きつけたものがなかったのが虚しい結果に終わった理由だろう。
彼の大切な何か壊したのは、共同通信杯で出会ったあいつなのか。今にして、ふとそう思った。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方