血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

しょげないでディープ

読了までの目安時間:約 3分

 

エイシンヒカリ・天皇賞(秋)
逃げられなかったのは間違いないが、逃げようとしなかったという方が正しい評価のように思う。
騎手にもそういう意識があったようで、実際本人が行かなかったと述べているからその通りなのだろう。
そこから本音の部分を忖度してみると、むしろ、いっそのこと大舞台で順応性を見せられたら、一挙両得どころの話じゃ済まないほどの新境地開拓の成功となるわけだから、キャリアの浅さに可能性を見出そうした狙いがあったとも推察できる。

ただ、あのペースでは自分のレースはできない。
クラレントが行く気を見せた分の想定外の展開では、責任問題は生じないはずだ。
他に速い馬がいなかったということが、ディサイファにとっても不幸な結末に繋がっただけなのである。

リアルスティール・菊花賞
どうやっても勝てなかった気がする。
ドゥラメンテに勝って以降、これで4連敗。新馬戦で軽々阪神の坂を駆け上がってきた迫力は影を潜め、日本で今一つパッとしないストームキャットの限界を示すかの如き、捨てきれない難儀な人気馬という評価に甘んじている。
翌週は主戦騎手も不幸な落馬事故に見舞われ、踏んだり蹴ったり。人馬とも決め手不足では、ちょっと言葉が過ぎるだろうが、期待値が大きい分の反動は致し方なしだ。
こっちの方がスケールでは上なのだろうか?

タッチングスピーチ・秋華賞
秋華賞が目の前にあったから使っただけであって…。
今でも、その最後の目標がエリザベス女王杯の行われる条件で、同じようなハイペースであったらと思うのである。
リアルスティールと違って、こちらは母父サドラーズウェルズらしい豪快な競馬が持ち味の馬。
苦しい経験をしていたミッキークイーンに対して、ここではまるで歯が立たなかった6着とはいえ、たとえ一流の古馬牝馬に敗れたところで、ゆっくり立て直せばいいと思えるのは、彼女自身が放つオーラが、真新しいせいで光り輝いてみえるだけではないからだ。
JCのミッキークイーンよりは、女王杯のタッチングスピーチだろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方