2015新馬回顧 リンクス フィビュラ タイセイスペリオル

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<11/28・29>

読了までの目安時間:約 3分

 

よく晴れた週末となった東京・京都の最終開催は、何だか不思議な雰囲気に包まれていた。

土曜日は4鞍。
芝のマイル戦とダートのレースが東西で行われた。
東京の芝は、人気馬同士の叩き合い。その中で一番よく反応したフィビュラが、一族の代表馬・メイショウサムソンのような好位抜け出しで快勝した。クロフネの牝馬。
ダートもマイル戦(稍重)。一転して、こちらは大波乱だったが、タイセイスペリオルは母父ジャンポケそのものの走り方で、別の競馬をしていた。16番枠が全てだったゴールドアリュール産駒としては、異色のタイプに育ちそう。

京都は、低評価だったヨーロピアンの先行勢がそのまま残った芝は、ゴール前半馬身出たサンライズブームが制した。人気馬が走らなすぎたのも大きかった。
ダ1400も逃げたヨウチエンコースがそのまま押し切り。ノボジャックの珍名馬で、長いことお見かけするかもしれない。

1番人気全敗、東は三浦皇成の連勝、西では小牧の先行策がはまり続ける結果に。人気馬の敗因は、よくわからない。

日曜日は、芝1800戦をひと鞍ずつ。人気も割れ気味で混戦ムードも、勝ち馬は強かった。
東京は1番人気のリンクスが、直線後方で外に持ち出されてから瞬く間に先頭を捉えて、ゴール前善臣騎手が抑えるほどの余裕の勝利で、父アドマイヤムーンを名を高めるような走りを披露した。
ダーレーでミスプロの同系配合馬やクロスのきついのも多いが、中距離でこの手の差し馬があまりいないので、ひっそりと注目したい。

西は、もっと横一線の評価であったが、2番人気のジュエラーが迫力あるストライドでゴール前、2馬身半の差をつけて抜け出した。ヴィクトワールピサ産駒でワンカラットの半妹という良血。
父母の相性の良さを感じさせる欧州型中距離配合で、重厚なレース向きか。

どのGⅠレースを見ても中距離タイプだろうという血統の馬ばかりの中で、やはり彼らに関しては、マイルから2000M近辺に適性を感じる。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方