2015年 ダート路線回顧

JUST競馬予想ブログ

砂物語<ダート路線回顧>

読了までの目安時間:約 3分

 

春までは、既存勢力のリーグ戦といった趣のダート路線だった。

コパノリッキーとホッコータルマエ、両雄交わらずの構図は、単なる棲み分けではなく、路線の水準を高い位置でキープすることに、消耗という要素が少なかったという怪我の功名のような副産物が生まれる展開となり、ワンダーアキュートはよく頑張ったね、と9歳馬が褒められたくらいで、ほとんど波乱のレースはなかった。

今年に入ってから、フェブラリーS連覇に向け、武豊を迎える盤石の態勢を整えた陣営ではあったが、スタートの不安と同時に、脚元への懸念も生じる嫌な展開に。

1800M以上であれば、基本的に敗因となる要素が馬場状態とコパノリッキー自身の前進のスピードという速いダート馬には、2月時点での上がり感はあった。

ホッコータルマエのタフさが、ここ2、3年の日本ダート界の誇りでもあったが、ドバイWCという最終目標がこの馬の再鍛錬期間を生み、また再生する姿を見せ続けてきた。

帝王賞を使えた。秋は今年もゆっくりめのスタート。

いや、川崎記念3連覇に向けてはこれでいいのかもしれないが、今年はJBCの内容が相当残念だった。

トワイニングの奇跡を体現し続けるかわいい男の子・ノンコノユメの豪脚。

1600が合っていた印象は、大井で泥まみれになったジャパンダートDの圧勝劇により、武蔵野S快勝の十分すぎる伏線となった。

いかんせん、前に行けないのが玉に瑕なのだが、アメリカにだって追い込みのGⅠ馬はいるのだ。

惜しむらくは、揉まれた経験が…。

そんな三者が初めて顔を合わせた時…。

両雄並び立たずは有史の格言ではあるが、競馬で三強は並び立ち、それ以上は乱立となり、必ず不和の要因となってきた。

でも、結果として、それはダート界には関係のない話だった。

速い馬コーリンベリーはダノンレジェンドを負かしていた馬。でも、逃げられず…。

ミラクルレジェンド級の迫力は今年は見せられていなかったサンビスタの激変。

速すぎずも、消耗戦で差し差しの競馬になった。奇跡的な何かも感じたが、抜けて強かった。

牝馬が牡馬の隙を狙う時代、というなのか。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方