世界トップ100 GⅠレース

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

春天が世界最高峰?

読了までの目安時間:約 2分

 

IFHA(国際競馬統括機関連盟)が、2013~15年の<南半球の開催日割を採用している豪・香などは2012・13シーズン~14・15シーズンまでの>レースレーティング(上位4頭のレーティングの平均値)を基に、世界トップ100GⅠレースを発表した。

1位は凱旋門賞(仏)、2位はブリーダーズCクラシック(米)、3位はインターナショナルS(英)。
国内レースの最高位はジャパンCの7位で、10競走がトップ100入りした。
選出されたレースの国別のランキングでは、意外というか、短距離王国・豪州の23競走がトップで、以下、米が21、英は17競走。
それに次ぐ4位が日本。同数で香港、仏国が並ぶ形となった。

また、Extendedカテゴリー(2700M超)で世界トップとなる42位に入ったのが、日本の天皇賞(春)。
セントレジャー(英)が78位であることを思えば、まだまだ捨てたもんじゃない。

日本のGⅠの該当10競走はこちら。

7位 ジャパンC
11位 有馬記念
30位 宝塚記念
37位 天皇賞(秋)
41位 安田記念
42位 天皇賞(春)
63位 東京優駿
81位 皐月賞
90位 マイルCS
93位 スプリンターズS

元祖国際競走のJCは当然にしても、近年世界で活躍した日本馬がかなりの数出てくる有馬記念も、相応の評価。
あとは安田記念以外、国際競走であるということが今や有名無実化している国内の主要競走。
あと一歩、日本馬の海外での実績が物足りない証だ。でも、本当にもう少しだけだと思う。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方