2016年 日本ダービー 直前情報

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

4強は万全

読了までの目安時間:約 2分

 

ダービーを制しているのは、リオンディーズの角居調教師とサトノダイヤモンドの池江調教師。
名伯楽に仕えた経験のある両者は、共に、ダービートレーナーの師匠から誕生したダービートレーナーだ。

「舌をくくって凄く乗りやすくなった」(M.デムーロ騎手)
他にも強い馬はいるが、一番乗りたい馬はリオンディーズだと語った鞍上に対し、師はいつも通り、全権委任のスタンス。

「前走を叩いた上積みはありそうです」(池江調教師)
終いを伸ばしてほしいというルメール騎手へのリクエストは、重賞馬2頭を追いかける意欲的な調教で、1馬身先着という回答となった。
万全の備えで、2度目の戴冠を目論むダービートレーナー。

「(川田ジョッキーから)『皐月賞の時より、パワーアップしている』という言葉をいただきました」(友道調教師)
騎手、調教師とも、かつて大魚を逃した苦い経験がある。

「血統的に長い距離も大丈夫だと思いますし、(中略)蛯名騎手が日頃の調教で教えてくれていますし…」(二ノ宮調教師)
このコンビ、何故だか古馬になってからの方が目立っている気もする。

非勝利騎手&調教師のコンビでも勝ってしまう馬は、決まって、皐月賞、NHKマイルCでも中心馬だった。
例外は、最近だとエイシンフラッシュとかディープブリランテなのだが、両者は道悪の皐月賞3着馬。

夢をかなえるためには、まず、馬を信じなければならない。
信じた先には、きっと、不満の残る結果は待っていないだろう。
データ通りならば、ダービー馬はこの中にいるはずだ。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方