池江泰寿調教師

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

何倍返しすれば…

読了までの目安時間:約 2分

 

2014・トゥザワールド、トーセンスターダム
2015・サトノラーゼン、ポルトドートウィユ
2016・サトノダイヤモンド、プロフェット

池江泰寿調教師はここ5年間、ダービートレーナーの金看板を掲げて再びのダービー制覇を目論んできた。
その前も、ワールドエース、ラブリーデイなどを送り込んでいる。

ダービーを一度勝ってしまうと、一度ピークを迎えて、またしばらく縁がなくなる…、とんでもない。
この3年は、主役候補をコンスタントに送り込んできた。
特に、今年は熱くなったことだろう。
でも、直線で外に膨れた時に…。蛯名騎手にまで、その逆風をもろに浴びせてしまった。
今年は4着も、人気落ちの馬で結果を残した武豊騎手。この世代は1強なのか。

武豊ではなく、蛯名正義に乗せてほしい2歳馬が、今年の池江厩舎にも沢山いる。

・トゥザクラウン
厩舎ではお馴染みのキンカメ×トゥザヴィクトリー。
「兄姉よりキレそうな感じです」
ノーザンファーム早来の木村厩舎長のお墨付きも頂いた。
決め手比べの弱点が今年も露見した結果に学べば、最後の一押しは鞍上の執念に委ねて…。

・オルファン
今の時代は、牝馬でもダービーを目指す。
ただ、オルフェーヴルの全妹である彼女は、この偉大なる血筋をファミリーラインとして残す義務がある。
「精神的にもまだ幼いかな」
やはり、ここは牡馬から。

・サトノアーサー
もう一度この勝負服で。
師と馬主の欲求は、生半な勝ち方では解消できない。
流行の継続クロスと南半球由来のスピード血統とのコラボ。
初年度から7年連続となるディープ産駒での参戦は、ほぼ既定路線か。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方