2016年 7月注目ニュース ドゥラメンテ、 チェッキーノなど

JUST競馬予想ブログ

7月注目ニュース

読了までの目安時間:約 3分

 

キングカメハメハ産駒の有力馬2頭が、先月の最初と最後の開催日の前に相次いで故障を発症し、ダービー馬は引退、秋の女王候補は、長期休養を余儀なくされた。
ドゥラメンテ
チェッキーノ

堀厩舎や藤沢厩舎といった、東西の垣根を飛び越えた日本のトップトレーナーの管理馬だけに、非常に残念ではあるが、同時に繁殖能力における足かせともなりかねない現役時での激しい消耗は、一定程度防げたという側面もある。
ファンが残念がるのは、少々早計なのではないのか。未来に向けた正のベクトルにも、大いに可能性を信じていいはずだ。

田中章博調教師が逝去された。
ユウトウセイ
ファンドリショウリ
ソリッドプラチナム
小田切オーナーのモチなども管理していた師は、大舞台にこそあまり縁のない競馬人生だったかもしれないが、ファンの密かな願いを叶えてくれるライト級の鑑のような存在であった。
競馬界ではGⅠ勝利であり、他の競技であればチャンピオンになることをステータスとするならば、限定的ながらコアなファンを獲得することに成功した競走馬の関係者というのは、特に幅広い層の参加が成功のカギを握る集客人員の絶対数が多いスポーツには、絶対に欠くことのできないキーパーソンなのだ。
まだまだやりたいことはあっただろうに、60代での病死ではあまりにも切なすぎる。
合掌。

今年が初年度のリーチザクラウン産駒が好調だ。
6月25日の東京1800Mの新馬戦を勝ったニシノアップルパイが最初。
次が2週後の福島1200の新馬と同距離の函館の1200の未勝利戦。
また3週して小倉と、今度は新潟の1600戦の未勝利で勝ち上がった。

バラバラで掴みどころがないようで、平坦か左回りの中距離という何となく納得の傾向がはっきり出つつある。
晩成型も多いし、また3歳春辺りになると馬の動きが一変するはずのルーラーシップやディープブリランテなどはこの後もっといい馬を出してくれるだろうが、アイルハヴアナザー<4勝>とともに上々の滑り出しを決めた。
近年新顔、新星の躍動が日本のスポーツ界を盛り上げている傾向からも、案外、合点の行く自然な流れと言えなくもない。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方