モーリス、2016年末の香港国際競走で引退

JUST競馬予想ブログ

ラストは香港

読了までの目安時間:約 2分

 

先日の札幌記念で同僚の激走に足を掬われる格好で2着と敗れたモーリスが、予定通り次走は秋の天皇賞に向かい、年末の香港国際競走への参戦を以って、現役を引退することが決定した。

「天皇賞(秋)にいくしかないでしょう」
オーナーである吉田和美氏の夫で、ノーザンファーム代表の勝己氏はそう語り、続けて、
「札幌記念は馬場もあるだろうけど、馬も緩かった。今度は牧場にいるときからしっかり負荷をかけていくし、大丈夫ですよ」
と、巻き返しにも自信をのぞかせた。

なお、天皇賞での鞍上が不透明ということで不安視もされていたが、現時点では、昨秋2戦でコンビを組んだR.ムーア騎手へオファーをかけ、再結成が実現すれば、この秋もまた、彼の神騎乗を目撃するチャンスが生まれる。
香港に関しては、こちらも2度騎乗しているJ.モレイラ騎手との2択になりそうな状況で、ファンの心配は杞憂に終わりそうだ。

日高の小さな牧場で生まれた社台とメジロの名血を凝縮したトレンドの配合のモーリスは、2歳秋のデビューから、ど派手な競馬の内容でファンの心を掴んできたが、物語もクライマックスに差し掛かってきた。
ここ2戦の内容が、体調面の不安から来る明確な敗因のあるレースと断言できるかと問われれば、その答えは残り2戦で判然とするだろうとしか言えない。
故に、陣営は自信を失って、闇雲に距離を求めるような使い方をしたわけではないと、今は力の証明のために闘志を燃やしているのであろう。

完成されたマイラーにとって、2000Mのタフな攻防が望ましい舞台設定であることは、歴史が証明をしている。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方