2016年 レディスプレリュード

JUST競馬予想ブログ

ホワイトフーガ敗れる

読了までの目安時間:約 2分

 

敬老の日、大井の昼間の開催で行われたJBCレディスクラシックの最重要前哨戦であるレディスプレリュード(1800M・重馬場)は、単勝オッズ1.3倍、昨年大井で行われたレディスクラシックを圧勝したホワイトフーガが、直線はその時通ったインのラチ沿いを選択するも、マイペースで前を行った園田のトーコーヴィーナスをなかなか交わせずにもたついていたところ、外から抜群の手応えで伸びてきたタマノブリュネットにまとめて捉えられ、同馬が重賞初制覇を達成し、波乱の結果に終わった。

勝ったタマノブリュネットは、ジャパンダートダービーを圧勝したキョウエイギアと同じディープスカイの産駒。
2着に入ったトーコーヴィーナスが、3歳ダート路線のトップホースであるケイティブレイブの父・アドマイヤマックスと同じ一族のクロフネ産駒。
勢いのある血統に、女王が大いに苦しめられることとなった。
4歳勢の層の厚さは知られるところだが、ホワイトフーガ1強ムードは、この一戦を以って、様相は一変した。

ホワイトフーガの敗因に関しては、様々考えられるものはあるが、本質的に器用ではないことが、蛯名騎手とはここまで2戦2勝で息もぴったりという自在のレースぶりの裏の目として出てきて、今回不発に終わった可能性がある。
最初は、1400戦をハイペースの差し切り。
前回のスパーキングレディーCは、途中から自分のレースに持ち込むために先行策をとって、力の違いで押し切っていた。
昨年のこのレースでは、当時の女王サンビスタなどに力でねじ伏せられていたから、未だ成長途上の馬ということも考えられる。
いずれにせよ、本番では巻き返さないといけない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方