2017年JRA年間スケジュール

JUST競馬予想ブログ

来季変更事項一覧

読了までの目安時間:約 2分

 

<GⅠ開催関連>
・2回阪神4日<4/2(日)>
大阪杯 GⅡ→GⅠ昇格
名称も大阪杯で行われ、別定条件は昇格を機に、定量戦へ変更される。

これに伴い、3月重賞の番組変更、特典付与が為された。
2/26(日)中山記念は開催条件の変更はないが、金鯱賞と中日新聞杯の開催時期をそっくり入れ替え、両GⅡの勝者には大阪杯への優先出走権を与える。
更に、年末のチャレンジCも施行条件に若干の変更が生じる。

3/11(土)金鯱賞
12/2(土)チャンレンジC 1800、ハンデ→2000、別定
12/9(土)中日新聞杯

・5回中山9日<12/28(木)>
ホープフルS
有馬記念が24日(日)の開催で、中央競馬の開催可能の末日に、現在GⅠ格付けへの昇格を申請中のホープフルSを変則日程で行う。
金杯との兼ね合いを考慮したという側面は理解されているが、有馬記念のステータスを軽んじているとする懸念は、かなり多いとされる。

・<11/3(金・祝)>
JBC競走開催<大井>・中央でも京都・福島で競馬を開催
南部杯とのコラボも、一部で不評を買っているが、来年もこの週はGⅠ開催はないので、何とか集客効果を上げたいのだろうけど、場合によっては、ホープフルSの件もあって、憤慨するファンが1年後に現れるかもしれない。

主だった変則日程<3日開催>についても、ここでは触れておきたい。
3/20(月・春分の日)
9/18(月・敬老の日)
10/9(月・体育の日)
これに前記、文化の日の開催と年末のアレもある。

中央・地方の一体化は結構な話だが、結局、旨味があるのは中央の側だということを、ファンはよく知っている。
潮目が変わるきっかけになるかもしれない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方