2016年【天皇賞・秋】モーリスが5度目のGI制覇

JUST競馬予想ブログ

戸川牧場の真実

読了までの目安時間:約 2分

 

メジロ牧場で大切に育てられた血といえば、メジロマックイーン・デュレン兄弟を出したアサマユリの系統と、このモーリスとメジロドーベルを出したメジロボサツのラインが、主だったファミリーとして、現在も競馬の根底を支える働きをしている。

モーリスを送り出したのは戸川牧場。
GⅠ馬だけでなく、プロ野球選手を送り込んだ稀有な生産者である。
代表者戸川洋二氏の長男・大輔さんは、埼玉西武ライオンズに所属する外野手だ。

その昔は、テスコボーイの血を利して、日高の馬が本州産の馬などをねじ伏せるように制するのが基本だった。
時は流れ、世界の良血馬がわんさか日本競馬の中に取り込まれ、勝ち組負け組に分かれたが、サンデーの血も大きく拡散した。
それを母父に持つスクリーンヒーローの産駒がモーリス。
この純国産馬は、メジロの重厚な血を受けて、鈍重な未勝利馬が出てきても何ら不思議はない配合であった。

しかし、マイラーとして大成したモーリスは、天皇賞の2000Mでは距離不安さえ囁かれていたほど。
巡り巡って、社台の良血馬の方が適性はあるという評価に引っ張られ、4倍前後を行き来したオッズは、レース当日、3倍台後半で落ち着き、1番人気に応える結果となった。

戸川外野手は、まだ1軍レベルの選手ではない。
ほぼ最低年俸である500万円を得て、未来の飛躍へ、今泥にまみれて、白球を追う日々を過ごしている。
1着賞金1億超の天皇賞を、2分かそこら走っただけで勝利したモーリスは、それと同じ額を牧場に仕送りしたのだ。
ミラクルアゲイン。ライオンズファンに愛される選手が生まれた時こそ、本当の奇跡が起きる。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方