チャンピオンズCに出走予定の2頭 タガノトネール ホッコータルマエ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

まさかの出来事

読了までの目安時間:約 2分

 

悲しいニュースが飛び込んできた。それも週末行われるチャンピオンズCに出走予定の2頭についてのこと…。

まずは悲報。
水曜日の追い切りの終了後、先日の武蔵野Sを快勝したタガノトネールが放馬し、栗東トレセンの厩舎地区を暴走して、その際に右第3中手骨開放骨折の大怪我を負い、予後不良の診断の後、安楽死処分がなされた。
前年2着の際も、極めて濃密な内容でノンコノユメを苦しめたタガノトネールだが、今年の武蔵野Sはそれを遥かに凌駕する内容で、クロフネの叩き出した不滅とも言われるレコードタイムに、あと一歩のところまで迫る走りを見せ、一気に有力の一頭と目される存在になっていただけに、あまりにも哀しい最期を、ファン、関係者とも、未だ呑み込めないでいるというのが本音だろう。

もう一つが、GⅠ10勝の帝王・ホッコータルマエの少し早い引退の発表。
当然、タガノトネールと共に週末の大一番への参戦を予定していたこのレジェンドも、左前脚の跛行が調教後に発覚し、無理をさせられないとして、記者会見は一転、引退の発表をする場となってしまった。
「来年から新冠の優駿スタリオンステーションでの種牡馬入りが決まっていますので、今後は無理をさせず、脚を治していきたいと思います」
西浦調教師は続いて、大井競馬場での引退セレモニーを含め、今後に関してはオーナーと協議するとも語った。

兎にも角にも、この結末は残念である。
せめてもの救いは、まだまだチャンピオンズCには素晴らしい才能たちが控えているということ。
ファン、関係者ともが真剣にレースに挑むことが、タガノトネールへの何よりの弔いになる。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方