2017年ドバイターフ リアルスティール回避

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

リアル鼻出血、回避

読了までの目安時間:約 2分

 

日本時間の土曜深夜に行われるドバイ国際競走。
今年、ドバイターフの連覇を懸けて出走する予定であったリアルスティールの回避が、主催者から発表された。
鼻出血発症が原因の無念の退散。
最終追い切りを前に、思わぬ形での不戦敗と喫してしまった。

昨年は中山記念3着から、ムーア騎手を鞍上に迎えて、適距離と目された1800Mのドバイターフで見事な初GⅠ制覇を成し遂げたリアルスティール。
ドバイには珍しく、ここ最近は雨の日が多いそうで、おかげで絶対不可欠な散水を実行せずとも、理想的なコンディションを保てていると当地の関係者は語っていたが…。

軽い芝でもタフすぎる芝でも力を出し切れない日本馬には、香港であるとか、ここドバイのような「固いけど異常な時計の出ない馬場」を得意とする馬は多く、香港で大活躍したエイシンプレストンやモーリスなどは、国内でこれといった持ち時計がなかったことがよく知られている。
デビュー2戦目で、4戦目であったドゥラメンテを自滅に乗じて、共同通信杯を無敗の箔付きで制したリアルスティールにとってのオアシスは、この場所であったはずだ。

しかし、昨年のここで勝ってからというもの、あまり惜しい敗戦すらない連敗のただ中であり、中山記念の内容は特によくなかった。
だからといって、そこで先着をしていたヴィブロスが彼の回避によって、即座に有力候補になるということもない。
日本にいながら<日本にいるからこその珍しいケースでもあるが>、馬券に参加できるレースで、こういう展開は頭が痛いファンも多いことだろう。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方