2017年日本ダービー ニュース

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

アドミラブル好調キープ

読了までの目安時間:約 2分

 

青葉賞レコードウイン。
休養たっぷりで挑んだ阪神芝1800Mの未勝利戦は、1:45.8で駆け抜けた。
皐月賞も高速決着ではあったが、同じ距離の毎日杯は1:46.5の決着。
アドミラブルは青葉賞を勝つ前からすでに、クラシック級という評価であったわけだ。

「先週が軽めだったので、今週はラストをしっかりやった」
騎手時代も縁のなかったダービーに、今年は管理馬を3頭送り込む音無調教師。
皐月賞3着馬をエースとしない陣容は、異例のローテからダービー史上初の青葉賞1番人気の可能性を孕む時点で、池江厩舎よりも俄然勝負気配といった趣だ。

ダービーで1番人気に2度応えている名手は言う。
「馬自身もどんどん強くなっている」
今週もミルコは心強い。
雨が降っても、速い時計の決着でも結果を残しているこの天才騎手だが、今回策が全く読めない。

音無厩舎には馴染みの福永騎手や、悲願で言えばもっと口惜しい思いをしてきた藤沢&ルメールコンビのレイデオロなど、ダービー適齢期を過ぎたスターたちが、落武者になってはたまらんと、牙を研いでいる。
縁のなかった面々と比べれば、アドミラブルの鞍上にはメンタル面の不安以外に、殊ダービー制覇への死角となると、これと言って見当たらない。

正攻法を選んだ藤沢師のレイデオロと関東馬では成功例の多い青葉賞ルートを驀進してきた音無厩舎のアドミラブル。
例年にも増して、激闘を予感させる東京優駿を今年も楽しみたい。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方