競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

エピカリスと人々

読了までの目安時間:約 2分

 

「ドバイでは負けたけど、いい走りをしたし、勝った馬が強かった。2400Mは絶対いける」
心強くもあり、ややイキっているくらいにも感じられるルメール騎手のコメントというのは珍しいが、日本のダービーの重みに触れ、千載一遇のチャンスを3年続けて得られた末に幸運を享受したことで、勝機を逸してはならないという気持ちが、騎手生活の中で今最高潮に達している状況なのかもしれない。
イスラボニータで挑んだ安田記念は、少々不完全燃焼だった。
彼にだけ与えられた7週連続GⅠ参戦の権利なのだから、それを大事にしたい気持ちも理解できる。

昨年は猛獣・ラニの三冠戦皆勤賞で、現地メディアも、彼と似た段取りで上陸した今年の侍への興味は、鮮度の高さと相まって、こちらも大きく集まっている様子だ。
「ラニと比べたら?」
「日本はダート、芝どっちが盛んなのか?」
エピカリス応援団と化した日本の報道陣も、現在は取材対象である。
そのうち、アベはどうなんだ、という質問も飛び出しそうな勢いだ。

日本馬は多頭数に脆いというより、そういう競馬に慣れているはずなのに、結局揉まれ弱さを露呈することが多く、馬群から抜け出して勝ったという馬は、アジア圏のGⅠに限られているのが現状だ。
昨年のラニは、国外の良馬場で結果を出していたからこそ、プリークネス、ベルモントSでは見せ場を作れた。

ここまでの三冠部門の勝者は、ベルモントS参戦の意思がないとされる。
強敵は他にもいるわけだが、ケンタッキーダービーと比べたら、20頭立てになるようなレースではないので、勝機はいくらでもある。
だから、自信のあるところを鞍上は示したのか。
11日朝、その答えが出る。

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方