アメリカ サンディエゴH アロゲート 結果

JUST競馬予想ブログ

どうした最強馬?

読了までの目安時間:約 2分

 

日本時間の23日朝行われたアメリカ・デルマー競馬場に行われたGⅡサンディエゴH<ダ1700M>に参戦した、目下世界最強馬の評価がなされているアロゲートが、まさかの惨敗を喫するという、予期せぬニュースが飛び込んできた。

故障か、はたまた体調不良だったのか。
単勝支持1.05倍という実質元返しの評価を受けた同馬は、ドバイワールドCの時のように後方からの競馬となり、126ポンド(斤量57相当)は当たり前のようにこなせるだろうと思っていたファンをまたもやヤキモキさせたが、この日は追い上げる力がなかったか、絶対的な信頼関係を築くマイク・スミス騎手も直線ではお手上げというアクションに終始し、結局、勝ったアクセラレートから15馬身差離された5頭立ての4着と大敗。

次戦も同競馬場で行われるGⅠ・パシフィッククラシック(ダ2000M)を予定しており、今後連覇を目指す大舞台に向け、まず出走するのかどうか、ファンも頭を抱える結果となってしまった。

ここ数年では、圧倒的なパフォーマンスで凱旋門賞を制したトレヴが、丸々1年勝ち星から見放された後、再び凱旋門賞で不死鳥のごとく蘇ったことがあったことは、記憶に新しいところ。
リボーやマルゼンスキー、フランケルが伝説となったのとは対照的に、負けるという経験が、その馬の持つ底力を増させることがあるということは、皆目撃したことがあるはず。
生涯2度目の敗戦は、アロゲートの場合、どんなドラマを巻き起こすターニングポイントとなっていくのだろうか。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方