2017年 サマーシリーズ

JUST競馬予想ブログ

サマーシリーズ中間経過

読了までの目安時間:約 3分

 

スプリント 10pt
ジューヌエコール
シャイニングレイ
ラインミーティア
ダイアナヘイロー
勝った馬でさえ2戦目に挑めない状況にあって、波乱の連続ではちょっと低調過ぎる気もする。
消極的な理由でセントウルSの勝者に軍配が上がりそうな状況は、路線の再整備後では初めてである。
勝ち馬は結構見どころがあるのだが、2着以下の馬が専門家のような走りで好走していて掴みづらい。

2000
①サクラアンプルール 13pt
ただ、実質的には11ptのタツゴウゲキとそれに僅差のルミナスウォリアーの新潟記念の内容次第だろう。
これがどちらも広々コースの2000Mに向いていなさそうな勝ち方を前走でしていた渋めの血統の馬なので、サクラにチャンスがあるのはもちろんのこと、マイネルフロストやサンマルティン辺りも集合すれば、例年通りの最終戦決着になるのは間違いなし。
個人的には、本州戦フル出場のタツゴウゲキに優勝してもらいたいところだが。

マイル
①ウインガニオン 15pt
ライバル候補
マルターズアポジー
中山にはある程度実績があるマルターズアポジーは、一応、斤量面での死角は生じても、京成杯AHに登録してくる見込み。
久々に自分より前の馬に先着を許したウインガニオンの充実ぶりは、史上初の中京-関屋記念の連続好走にも表れているが、同時に重賞でガッツを見せても、マルターズアポジーのような必殺技がないことが判明した。
どちらもマイルで頂点を極める馬ではないのかもしれない。

騎手
①北村友一 29pt
②戸崎圭太 17pt
もう3週しかないから、大ベテランが札幌・北九州記念を制したとはいえ、先手を取って押し切りたい北村友騎手と戸崎騎手の追撃という構図になりそうだ。
というのも、今年は馬も騎手も連チャンがあまり期待できない状況なので、名手であっても、なかなか出番がない状況。
中堅以上の相応の実績のある騎手による争いだから、一番の見どころはこの部門だろう。
でも…、ユタカ騎手は普通だが、エビショーさんはちょっと乗れてきた印象がある。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方