競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

若き女帝への道

読了までの目安時間:約 2分

 

「怪物フランケルの初年度産駒で、世界唯一のクラシックホース」
優駿牝馬の称号を勝ちとったソウルスターリング、その馬は、今秋の動向が最も気になる存在となった。

キタサンブラックは宝塚で、サトノダイヤモンドとて大一番の前の大敗で、それぞれミソがついた格好だから、最後の希望たる彼女の臨戦過程には、否応なしに注目されて然るべき状況だ。
東京の大統領による天下獲りは中休み、エネイブル圧倒の凱旋門賞の結果が与える意味を理解した直後、祭りの終焉を実感する秋の気配が漂う中、でも、日本競馬の最高潮はこの後にあることを思い出した。

その主役がソウルスターリングであって欲しい、と皆が思う。
「もともと神経質な馬」
師は語る。
藤沢厩舎はこの夏お引越しをしていた。
美浦にも最近導入されたトレッドミルで、せっせと汗を流していたのは山元トレセン。
そのせいではなく、精神面の細やかな部分で、慣れるのに時間がかかったようだ。

9月になってからの方がいい天気が多かったせいで、今はもう元気いっぱい。
新兵器の使い方に、今は人間の側も慣れてきたようだから、パワーアップした姿をこの秋見せてくれるだろう。
一定の手応えを得ているとのことだ。

「広いコースだし、速い流れの方が楽」
オークスで緩急の競馬を経験し、それも難なくこなした超良血牝馬が展望するものは、ファンや陣営が期待するそれよりも、ずっとハイレベルなのかもしれない。
まずは毎日王冠。
どんな相手にも勝てることを軽く証明することが、ここでの至上命題。
最近になって、少し本命馬が好結果を残している重賞のリズムも味方しそうである。

 

タグ :    

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方