2017年 第30回マイルCS南部杯

JUST競馬予想ブログ

史上最多タイに並ぶ 南部杯でGⅠ10勝目・コパノリッキー

読了までの目安時間:約 2分

 

ただでは転ばぬタフネスマイラー。
同時代を生きたホッコータルマエに並び、それを超えられる唯一の存在となったコパノリッキーが、得意の盛岡でまたしてもタイトルをゲットした。

9日盛岡競馬場で行われた第30回マイルCS南部杯は、今年も中央競馬の全レース終了後の4時40分に発走。
得意とする湿り気を帯びた稍重のダート戦を、今年も前を見る外目の好位につけ、再びコンビを組むことになった田辺騎手のゴーサインにスムーズに応え、坂も軽やかに乗り越えると、名だたるGⅠ馬や逃げ粘るノボバカラ以下中央勢の強豪を封じ込め、1:34.9の好タイムでレース連覇を達成。
同時に先述の通り、国内最多GⅠ制覇記録を持つホッコータルマエに遅れることわずか1年8か月でタイ記録となる10勝目を挙げた。

偉業はそれだけではない。
最後のタイトルとなった昨年の川崎記念を制した時のホッコータルマエは、後にチャンピオンズCを制するサウンドトゥルーに直前の初GⅠ制覇の勢いに乗ってかなり詰め寄られた中で、さすがの底力を見せつける内容だったが、今回は結局2着に4馬身差、ほぼ1秒の圧倒的な能力差を示してのものだから、一時期のスランプや故障後の不調などもうどこへやらである。

人間社会も高齢化が進む中で、この7歳馬が今後どんなパフォーマンスを披露していくのか、長くはないだろうが、しっかりと引き際まで見守りたいものだ。
初タイトル制覇時のコンビ復活も、大いに歓迎したい。

 

タグ :   

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

安心・安全、リクルートグループのMatchBook

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方