大井競馬場 JBC競走レディスクラシック クイーンマンボ回避

JUST競馬予想ブログ

クイーンマンボ出走回避

読了までの目安時間:約 2分

 

筆者はちょうど10年前のある日曜朝のことを思い出してしまった。
ウオッカ、出走取消。
昨年の秋も似たことがあった。
ホッコータルマエ回避。
タガノトネール、事故死。

実に残念なニュースだった。
金曜日、文化の日に大井競馬場で行われるJBC競走の最注目馬とされた、レディスクラシックの大本命馬・クイーンマンボ(牝3、西・角居)が、右前挫石を発症、当レースの回避が決まった。
「先週末に痛みが出たため、様子を見ながら調整を進めてきましたが…」
調教助手の話によると、火曜朝時点で馬の状態に劇的な変化が見られず、追い切りを行うことはできないという結論になったとのこと。
大きな故障ではないので、厩舎内で治療し、再調整されることになるとの旨も語られたが、陣営の無念さは察するに余りある。

芝での2戦こそ全く見せ場なしで、ローズSを以って砂専門の道を進むことになったわけだが、前走のレディスプレリュードは、圧巻の関東オークスを更に上回るホワイトフーガという最大目標に対し、実に8馬身差をつける決定的な着差をつけての圧勝だったために、もはやGⅠ制覇は既定路線とされていた中での出走断念。
みんながっかりの展開の中、良馬場で屈辱的な敗戦を喫したアンジュデジールら後塵を拝した組には、俄然、勝機を望める舞台へと変化したことで、また違った意味での面白みが生まれることになりそうだ。

10月は雨に祟られたために、力を出し切れなかった馬も多かったが、月が替わって最初のビッグレースは一体どんな結末を迎えるのだろうか。
有力馬の動きを注視したいところだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :   

ニュース   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方